width=10
ことば探し
★成功のためなら、とことん努力する根性と持続力があります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年7日18日
新しい自分をつくる本
2018年7日17日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2018年7日13日
強みを活かせ!
2018年7日12日
「時間がない」から、なんでもできる!
2018年7日6日
実行力をつける100の方法
2018年7日5日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2018年7日4日
自分の価値に気づくヒント
2018年7日3日
「こころの居心地」がよくなる心理学
2018年7日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2018年6日28日
本当に強い人、強そうで弱い人
2018年6日27日
縁は苦となる苦は縁となる
2018年6日25日
女性(あなた)の知らない7つのルール
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
2018年6日20日
潰れない生き方
2018年6日18日
人は、なぜ負けパターンにはまるのか?
2018年6日15日
こころがホッとする考え方
2018年6日14日
奥様が 笑う家には 福来たる〜
2018年6日7日
お坊さんが教えるこころが整う掃除の本
2018年6日6日
「逃げ出したい!」自分を救う本
2018年6日5日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年6日4日
幸福に死ぬための哲学
2018年6日1日
ヒルティ 老いの幸福術
2018年5日31日
うまくいっている人の考え方
2018年5日29日
迷ったときこそ、続けなさい!
2018年5日28日
小さなチームは組織を変える
2018年5日25日
時間上手の暮らし方
2018年5日24日
ほっとする禅語70
2018年5日23日
自信サプリ
2018年5日22日
がんばらない、がんばらない
 
1 2 3 4 
 
2017年9月21日
タイトル お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
著者 マーク アルビオン
出版社 PHP研究所 (2001/10)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

優秀な職業人の育成をめざし、執筆家でもあり、人気講演家でも
ある著者が、
 ●真の生きがいを感じられる仕事と安定した暮らしとは、
  どう両立させたらいいか
 ●どんなモノサシで人生の成功を測ればいいか
 ●本当の幸福とは、自分を生かし切る人生とはどんなものか
などの、考え方、ヒントやコツを教えてくれます。

著者は、成功についてこう語っています。
「成功というなの病原菌におかされた「もっと病」は、もっと大き
 く、もっと多く、もっと高く、と人をむやみに駆り立てる。
 「周囲の期待」という呪縛もまた、必死でそれにこたえようと
 する人を、本意とはちがうひた走らせる場合が多い。
 しかし、忘れてはならない。自分がほんとうに求めるもの、大切
 にするべきものを見失ってしまったならば、真に実のある人生は
 築けないのである。
 あなたにとって、人生の「成功」を測るモノサシ…尺度…とは、
 いったいなんだろうか?」


例えばこんな事が書かれています。
 ◎「転職コスト」を小さくする
 ◎「成功」の尺度を定める
 ◎「成功」の尺度を定める
 ◎「家庭」という砦を築く
 ◎「適所」を見きわめる
 ◎「可能性」に賭ける
 ◎「困難」を乗り越える


それぞれの話の中で、成功者の人生を追いながら、
「お金儲けだけの成功ではなく、生き甲斐や自分の人生にとって
 大切なことなどを見つけていく」過程が書かれています。
自分にとっての「成功」を見つけたい方におすすめの本です。
読みやすく、わかりやすい構成になっているので、すんなりと
読める本です。

この本からのことば 感想 掲載日
人は自分の心にしたがい、 全身全霊で「可能性」に賭けるならば、 冒すべき危険は恐れるよりもずっと小さ 全身全霊で、自分の「可能性」に賭ける… こうできたら理想だと思う。 そして、こうありたいと私は思って 2007-07-20
成功という名の病原菌におかされた「もっと病」は、 もっと大きく、もっと多く、もっと高く、 と人をむや 最近起こっている問題や事件を見ていると、 成功とは、「お金もうけ」というモノサシ、尺度だけに なって 2007-06-26
私は知りあいの家庭で、こんなすばらしい言葉を耳にした。 5人家族の中で育った、14歳になる娘さんの一 なるほど、こんな考え方もできるのか… と、心に残ったことばでした。 人の得を考えてあげることはむず 2007-06-07
こんな興味深い研究データがある。 1960年のビジネス・スクールに在籍していた 1500人のMBAを 1人はAグループ、 100人はBグループ のメンバーである。 調査を実施した心理学者のスラリー・プ 2007-05-14




『おすすめ本の紹介』