width=10
ことば探し
★○○プロジェクト(仕事)に、私は、全力をつくしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年5日30日
人間は自分が考えているような人間になる 改訂新版
2017年5日29日
過去にくよくよこだわるな
2017年5日26日
いのちのことば 心の道しるべ137言
2017年5日22日
がんばっていても不安なあなたへ
2017年5日19日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2017年5日18日
ゆたかな人生が始まる シンプルリスト
2017年5日17日
しあわせは、真逆のルールでやってくる。
2017年5日16日
運命が変わる未来を変える
2017年5日15日
感動する脳
2017年5日11日
コーチが教える!「すぐやる」技術
2017年5日10日
どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方
2017年5日9日
こころのモヤモヤを解き放つ 魔法の質問
2017年5日8日
楽しく生きる
2017年5日2日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年5日1日
だから、あなたも負けないで
2017年4日27日
「非まじめ」思考法  
2017年4日26日
あたりまえのことをバカになってちゃんとやる
2017年4日25日
笑顔がクスリ
2017年4日24日
リンダ・リッチマンのこうなったら、笑うしかない…。
2017年4日21日
3分間で気持ちの整理をするリラックスブック
2017年4日19日
自分から自由になれるゼロ思考
2017年4日18日
人を傷つける話し方、人に喜ばれる話し方
2017年4日17日
どや!大阪のおばちゃん学
2017年4日7日
やめようと思っても、つい同じことを繰り返してしまうあなたへ
2017年4日6日
ありのままの自分を愛してあげよう
2017年4日5日
ほめられたい夫愛されたい妻
2017年4日3日
人生が驚くほど逆転する思考法
2017年3日31日
パートナーと気持ちが100%通う10の法則
2017年3日29日
本気で言いたいことがある
2017年3日28日
未来が輝く魔法の言葉
 
1 2 3 4 
 
2017年2月3日
タイトル ギルフォード博士の子どもに自信をもたせる育て方
著者 白浜 洋征
出版社 サンマーク出版 (2002/06)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

創造性教育先駆者であるギルフォード博士の理論の日本における
実践者の著者が、さまざまな角度から「幼児教育」について、
教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「この本は、のべ4千人近くの幼稚園、保育園などを訪問し、
 園児や先生、父母のみなさまと学びあいながらつかみつつある、
 いわゆる私の幼児教育論です。
 “理想の子どもなんていない、だから子育てはおもしろい”
 というのが私の実感です。
 「みんな違って、みんないい」という思いで、一人ひとりの
 子どもに親や先生が向き合っていけば、子どもが本来持って
 いる可能性が大きく花開き、自信をもっていきいきと社会参加
 していける力を持てるようになると確信しています」


例えば、こんなことが書かれています。
 1.人は愛によって人となる
    ・祝福される誕生、拒否される誕生
     人生は、ここからはじまっている
    ・自分で問題を解決する体験こそが、
     子どもの「生きる力」につながる
 2.“理想の子ども”なんていない!
    ・子どもを変えることはできない
     しかし、親が変わることはできる
    ・「考える力」の出発点は感動すること
     心の躍動がやる気を引き出す
 3.いきいきとした知力を育てる
    ・自分で考える体験の積み重ねから
     柔軟な発想が生まれ、知能が発達する
    ・子どもの強さを信頼し、多様な価値観を
     身につけさせよう


巻末に、年齢別生活習慣のめやすと「SI(幼児教育プログラム)あそび」の一部が紹介されています。
この本を読むと、「考えさせる教育」の大切さ、親の行動の大切
さなどが実感としてわかります。
子育てに悩んでいる方、幼児教育に携わっている方、また、人を
育てる仕事についている方は、読んでみるといいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
問題が生じたとき、 何をしなければいけないか、自分で気づいて(問題発見) 問題から逃げないで自分で考 この本では、 「人間は生きているかぎり問題と直面する。  親が代わって問題解決してあげると、  子ど 2010-11-24



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』