width=10
ことば探し
★私は、家族のみんなを信じており、一人の人間として接しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年3日29日
本気で言いたいことがある
2017年3日28日
未来が輝く魔法の言葉
2017年3日27日
自分を生きる10の訓え
2017年3日23日
積極的考え方の力
2017年3日22日
叩かれても絶対に潰されない人生輝く41の法則
2017年3日21日
念仏に生きるとき
2017年3日17日
誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
2017年3日16日
マインド・パワー
2017年3日15日
信念をつらぬく
2017年3日14日
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
2017年3日13日
問題解決のための「質問力」
2017年3日9日
「成功おじさん」の最優先ルール
2017年3日8日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2017年3日7日
怒りに効くクスリ
2017年3日6日
怒りのセルフコントロール
2017年3日3日
いのちの響 心の言葉
2017年3日2日
あなたに喜んでもらえるように
2017年3日1日
幸せのありか
2017年2日28日
残念な人の仕事の習慣
2017年2日27日
怒りのセルフコントロール
2017年2日24日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2017年2日23日
ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧
2017年2日22日
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社
2017年2日20日
人生を変えた贈り物
2017年2日17日
きみまろ「夫婦川柳」傑作選
2017年2日16日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年2日15日
言霊の法則
2017年2日14日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年2日13日
腐ったバナナを捨てる法
2017年2日7日
わかりあえない理由
 
1 2 3 4 
 
2016年12月27日
タイトル 大金持ちになる人の考え方
著者 デイヴィッド・J. シュワルツ
出版社 ダイヤモンド社
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

ジョージア州立大学経営管理学教授で、かつ人材コンサル
タントの著者が書いた成功のための考え方の本。
とてもわかりやすくて、読みやすいです。

この本の中に、こんなことが書かれています。

「成功者は私によくこんなことをいう。
 「私は何年も前からすでに、自分の仕事でいつか成功
  するという確信を心に秘めていました」
 「絶対にあきらめずにやり抜こうと心に決めていました」
 「いったん心に誓った以上、最後までがんばろうという
  気持ちを持ち続けました」

 これらの言葉は、心の中で勝利が設定されていることを
 示している。

 私はまた、別の人たちがこんな言葉を口にするのも
 聞いてきた。
 「私はその仕事では成功しないと心の中で思っていました」
 「はじめる前からきっとダメだろうと不安でいっぱいでした」
 「私はいつも失敗ばかりしています。この経験でそれが
  はっきりわかりました」

 これらの言葉は、自分の心を失敗に向けて設定している
 人たちの気持ちをよく表現している」


この本の中では、「心を前向きに設定することの大切さ」を
何度も教えてくれます。

この本には、その他、こんなことが書かれています(一例)
○細部をおろそかにすると、大きな被害が発生する
○お客様が期待する以上のデコレーションをする
 ケーキ屋が繁盛する。
○成功する人は足し算をし、愚かな人は引き算をする。

などなど。

含蓄ある成功法則がいっぱいです。

この本からのことば 感想 掲載日
次の法則を覚えておくといい。 口論が長引けば長引くほど、 お互いに自分こそが正しいと確信するように この法則は、そうだなぁと思うものの一つだ。 長引けば、長引くほど、自分の正しさを言いたくなる。 最初 2007-12-21
夢の種は、どこにも売っていない。 自分で決めれば、それが 「理想的な夢の種」になる。 友人や両親 その「夢の種」だが、 この本では、こう言っている。 「小さな一粒の種をまくことで、  合計10キロ 2006-01-30
「他人にどう思われるか」より 「尊敬する○○さんは認めてくれるだろうか」 あなたがもっとも尊敬し そうだ… ついつい回りの人の反応を気にしてしまうが… いわゆる常識的なことに 流されてしまいそうに 2005-07-29
いやなことは、 先延ばしにすればするほど、 もっといやなことになる。 やってみると、すぐ終わる。 今の私に、とてもぴったりのことばである。 (と、自慢げに言うことではないが…) 「いやなことは後回 2005-07-27



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』