width=10
ことば探し
★○○の分野で、誰よりも成功します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03903245

■2020年09月30日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

仕事上で、窮地に立たされたり、
挫折感を味わったときに、これから、
「どうしようか」と考えるのではなく、
「どう生きようか」と考えることです。


「どうしようか」と考えると、
今という環境の中でどうリベンジするかと
考えがちになります。
つまり狭い選択肢の中からの起死回生を
講じなければならないことになり、気持ちは
ますます追いつめられることになるでしょう。

もっと大きく「どう生きるか」と
考えられれば、目前の視界は確実に広がります。
たとえば、あなたはビジネスの最前線から
閑職に回されたとしましょう。
「どうするか」だと、いかにすれば元の仕事に
復帰できるか以外に考えられないのではない
のではありませんか。

一方、「どう生きるか」と考えれば、
時間の余裕をどう使おうかという
ポジティブシンキングにつながります。


出典元 休み上手になる本
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 関谷 透

まゆの感想
これから「どうするか」ではなく
「どう生きるか」と考えると、
視野が広がり、長期的な目でみることができ、
気持ちに余裕もできるそうです。

仕事上だけでなく、日常でも、
困ったことや悩ましいことはあります。
そして、ついつい
目先のことに気を取られてしまいます。
目先のことは気になりますからね。
するとやはり、
「どうするか」とか「どうしようか」
「すぐに何とかしよう、手を打とう」
などと対処に追われ、
長期的視点が欠けてしまい、焦って
本来の自分では選ばないようなことや
やりたくないことをしがちになります。

もちろん、
目先の対処が大事なこともありますから、
それらを考えることも必要ですが、同時に、
「どう生きるか」「どう生きて行きたいか」
もいっしょに考えるとよいように思います。
それが、いいキッカケになり、違う対処方法や
気付き、考えにつながるかもしれませんからね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから