width=10
ことば探し
★私は、自然に身をゆだねることが出来、とても楽に生きています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03832903

■2019年12月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ベストセラー「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)の
中で「人づきあい」について、ユダヤ教の
こんな教えが書かれていました。

「10人の人がいるとしたら、そのうち1人は、
 何があってもあなたを批判し、嫌う。
 そして、あなたもその人を好きにはなれない」
「10人のうち2人とは、
 すべてを受入れ合える親友になれる」
「残りの7人は、そのどちらでもない」


この教えを読んで、これまでの自分の人づきあいを鑑みると、
たしかに、これくらいの比率だったような気がします。

クラスに40人の生徒がいたら、好きになれない人が4人、
よく一緒に遊ぶ友達が8人。
ゼミに20人いたら、好きになれない人が2人、
行動を共にする友人が4人。
もちろん、同じ趣味で集まっているクラブ活動などは、
全員と友達になれるかもしれませんが、ここで言う
10人とは、無作為に集まった10人ということでしょう。

ここで問題は、自分がその10人のうち誰に注目するかで、
人生が楽しくなったりつらくなったりするということなのです。
もし、お互いに好きになれない1人を中心に考えてしまうと、
つい「誰とも友達になれない」と考えてしまう。

逆に、親友になれる2人を中心に考えれば、
「友達だらけの楽しい人生」を過ごすことができる。



出典元 思い出すだけで心がじんわり温まる50の物語: “小さな幸せ”が集まってくるストーリー
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 西沢 泰生

まゆの感想
なるほど、そういえば、当てはまるかも…
と、自分の体験を振り返って思いました。
10人いると、敵が1人、仲間が2人、それを
周囲から見ているどちらでもない人が7人くらい、
うん、たしかにそんな感じかも、と。

そして、
そのたった1人の敵を何とかしようと悪戦苦闘すると、
自分がイラつくだけでうまくはいかず、それよりは、
残りの2+7人とうまくやっていく方が
楽にやっていけるな、とも思いました。

心理学者のアドラーは、
神経症的なライフスタイルを持った人は、

○自分を嫌う1人に注目してしまう傾向が強い。
 その1人に注目して、「みんなが自分を嫌っている」
 と考えてしまう。
○なにかと「みんな」「いつも」「すべて」という
 言葉を使いたがる。例えば、
 「いつも自分だけ損をする」「すべて間違っている」など。

そして、このようなマイナス思考をしてしまう生き方は、
「人生の調和を欠いた生き方」と言っているそうです。

マイナス思考で、マイナスばかりに注目すると、
どんなことも悪い方に見えてきてしまって、
それこそ辛く苦しい生き方になりがちですよね。

生きていれば、嫌われることも、悪いこともあるけれど、
同じように、好かれることも、良いこともある。
悪いことより、良いことに目を向けていく…
来年もプラス思考でいきたいと思ったしだいです。


今年も、読んでいただき感謝しております。
本当にありがとうございます。<(_ _)>
来年も、元気になることば、楽になることばなど、
配信していきますので、よろしくお願いたします。
良き年、楽しき年をお迎えくださいませ。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから