width=10
ことば探し
★私とパートナー(○○さん)とのセックスライフは、とても充実していて幸せです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03832489

■2019年12月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

将棋の羽生善治は、小学生のころから
天才といわれ、若くして七冠すべてを独占するなど、
「不出世の棋士」の呼び声が高い。
「決断力」など、ベストセラーとなった著者も多く、
ビジネスパーソンのあいだでよく読まれている。

20代のころ、羽生は才能について、
ひらめきや直感の力としてとらえていたようだ。
そのように発言していた。
しかし30代になって、変わってきた。

「私は、才能は一種のひらめきだと思っていた。
 しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、
 同じ情熱を傾けられることだが才能だと思っている」


厳しい勝負が続くプロの世界では、
力の差などほんの紙一重なのだろう。
だから上位の選手たちの勝ち負けは拮抗し、
3連勝した後に4連敗することもある。

またこれだけ長く一線にいると、マンネリに陥ったり、
気持ちが乗らなかったりすることがあったしても
不思議ではないように思える。
「同じ姿勢で、同じ情熱を傾ける」
ことの難しさを誰より知っているに違いない。

それを持続させることこそが人の才能なのだと
いわれるとなるほどそうなのかと納得させられる。
また特別な才能がない人間でも、勇気づけられる。


出典元 あの人の人生を変えた運命の言葉100
おすすめ度 ★★★☆☆ ※おすすめ度について
著者名 本田 有明

まゆの感想
同じようなことを、
大リーガーだったイチロー選手も言っています。

「僕を天才と言う人もいますが、
 僕自身はそうは思いません。
 毎日、血の滲むような練習を繰り返してきたから、
 いまの僕があると思っています。
 僕は天才ではありません」

天才で才能があると聞くと、
キラキラとしていて、ひらめき力、突出した能力を持ち、
圧倒的な結果を残せる力がある、という印象を受けますが、
そんなことより、長年、地道に、
同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることで、
それを持続していけることだというのです。

勝ったり負けたり、落ち込んだり、
スランプに陥ったり、悩んだり、空回りしたり、
思い通りにいかないことに苛立ったり、
あまりの苦しさに投げ出したくなっても、
地道に努力をし、情熱を持続させることは、
今強いとか、今キラキラとして才能があるように見えるより、
もっと、本当の才能があるということでしょうね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから