width=10
ことば探し
★自分の考えを人に無理に押しつけることはなく、人の意見も取り入れています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03832489

■2019年12月11日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

テレビドラマ等で、
ときに末期がんに侵された夫が息を引き取る寸前、
ベッドの脇で見守る妻の目を見ながら、
「愛しているよ」と語りかけるシーンがある。
妻も「私も」と応じる。
今まで言えなかった言葉を口にし、
満足した表情で息を引き取る夫。
視聴者の感動を呼ぶシーンだが、現実に
こんな情景を繰り広げられることはない。(略)

(40代の妻を胃がんで亡くしたYさんは、
 上記なような別れができなかった)Yさんは、
「僕は最後に彼女に「ありがとう」って、
 ひと言だけでも言いたかったんです。
 テレビやドラマではよく言っているじゃないですか」
「なんで僕だけ、そんな機会が訪れなかったのか」
と嘆いていた。

残念で悲しいが、
このようなことは彼に限ったことではない。
テレビドラマの臨終シーンこそが虚構なのだ、
ということをよく覚えておいたほうがよいだろう。

(大津秀一著分)


出典元 人は死ぬとき何を思うのか
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 渡辺 和子 (著), 大津 秀一 (著), 石飛 幸三 (著), 青木 新門 (著), 山折 哲雄

まゆの感想
そうだなあ〜何ごとも、
テレビドラマのように美しくはいかない、
うまくはいかない、現実は違うのだと思いました。

そして、いつか「ありがとう」を言おう、
タイミングを見て言おう、などと思ってないで、
思い切って今言う、素直にすぐに言うことが
大切なのではないかと思いました。
これは、普段の生活でも。

私は、自分の死について考え、
自分の死の準備をしていこうと決めていて、
自分では、そのように生きているつもりです。
もちろん、まだ準備は出来てもいなく、
考えていてもジタバタと生きています。

でも、せっかく今生きているのだから、
そしてまだ元気に動けるのだから、
やりたいことをやろう、できることはしていこう、
と、心からそう思い実行しています。

そう生きていたとしても、
テレビドラマのような死に方はしないでしょうが、
活き活き生きられればそれで十分かな、と思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから