width=10
ことば探し
★私は、ゆとりがあり、まわりの人に落ち着きを与えています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03817815

■2019年11月21日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

私は、心理カウンセリングを行っていた女性から、
こんな相談を受けたことがあります。
女性は40代の専業主婦で、女子高生の子どもが一人います。

彼女は幼いころから、
「女の子は結婚して家庭に入るのが一番幸せなのよ。
 そして、いい人と結婚できるように、いい大学に入りなさい」
と母親に言われ続けて育ったそうです。
彼女自身もその言葉通りに、真面目に生きてきました。

ところが高校生になる自分の娘は、いくら言っても勉強せず、
コンパだ、オフ会だと、自分の育った時代では
考えられないことばかりやって、遊んでいます。
このままでは取り返しがつかなくなると心配した彼女は、
あるとき娘に、自分が母親に教えられたのと
同じことを言って、お説教をしたそうです。

すると娘はいつになく真顔となり、
「なんで結婚だけが女の幸せなの?
 ○○ちゃんのママは離婚しているけど、
 バリバリ働いているじゃない。それに、
 ママと同じ歳だけど、ぜんぜん若いし、
 女としてすごくキレイじゃん」
と、言い返したのです。

彼女は絶句してしまい、娘の言葉に反論できませんでした。
自分は母親に言われたことが正しいと思って、その通りに
生きてきたけれど、娘に
「なんで結婚だけが幸せなの?」
と聞かれてはじめて、いままでその理由を真剣に
考えることがなかった事実に気づいたそうです。

確かに独身でも、幸せな女性はいるじゃないか、
私は間違っていたのだろうか。
いままでの私の人生はなんだったの?
彼女はわからなくなり、
すっかり混乱してしまったというのです。

 

出典元 あの人だけはなぜ許せないのか
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 富田 隆

まゆの感想
心理学者の富田さんは、
この相談者は、長い間母親から刷り込まれてきた固定観念に
縛られてきましたが、娘が発したひと言がきっかけで、
何が正しいのかわからなくなってしまった、いうなれば、
「価値観の空白」が起こったというのです。
そして、こんなことが大切だということです。

「相談を受けて私は
 「せっかくお嬢さんがきっかけを与えてくれたのだから、
  じっくりといままでの人生について考えて見てはどうでしょう」
 と、アドバイスしました。そして、
 「どうしても自分の考えが譲れないと思えば貫くべきであるし、
  考えを変えたほうがいいと思えば、そうすればいいのではないか」
 と助言しました。
 最終的に彼女が「やはり女の幸せは結婚」であるという
 結論に思い至ったとしても、それはそれでいいのです。

 なぜなら、それはすでに母親から刷り込まれた価値観ではなく、
 彼女が初めて疑問を持って考え、
 自分の中から生まれた価値観ですから、
 意味がまったく違うのです。

 なにより大切なことは、
 周りの意見に影響されるのではなく、
 しっかりと自分の頭で考えたうえで、
 「自分なりの価値観」を持つことなのです」

年代の違う、立場の違う、環境の違う方々と話していると、
価値観が違い過ぎて戸惑うこと、とても理解できないこと、
自分の価値観に疑問を感じることなどなどあります。
そんなときは、自分の価値観を見直してみる、
棚卸ししてみるチャンスなのかもしれませんね〜

自分の価値観を棚卸しすることは、
今までの自分を否定するわけではなく、
自分らしく生きるためのバックグランドになる、ということです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから