width=10
ことば探し
★私は、一つ一つものごとをクリアしていき、自信をつけています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03817815

■2019年11月14日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

小さい頃は駄々をこねれば、
親もそれなりに応じてくれる。
しかし、いつも自分の望みがかなうわけではないことを
学んでいくと、わがままばかり言っても仕方がないと
自分のこころをコントロールします。
イライラせずに「待つこと」も覚えるようになります。

大人のビジネス社会でも、
「待つこころ」が求められることがあります。
部下が、いつも自分の期待通りの成果を
上げてくれるとは限りません。
部下の立場にある人にとっても同じことです。
自分の思い描いた評価を、
上司がいつもしてくれるわけではありません。

しかし、2回に1度程度認められれば(報酬がえられれば)
イラついて怒鳴り声を上げたり、
ムカつくこともないのです。



出典元 仕事が変わる「5つの脳グセ」
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 篠原菊紀 (著)

まゆの感想
例えば、恋愛でも「押したり引いたり」が有効なように、
ほめるのも、認めるのも2回に1回くらいがよいそうです(笑)
これは、実験でも確かめられていて、
やる気を維持するには、

「むしろ2回に一度は犲紺姚瓩あったほうが、
 報酬(ほめられること)に対してドーパミン神経が
 きちんと反応するのです」

そうしていくと「待つこころ」も育つし、
イラついたりもしない、ということです。

例えば、いつもほめられて、
ほめられることが当たり前になってしまうと、
それが癖になってしまって、
ほめられないとブチ切れるようにもなるので、
普段からの「ほめの間引き」も必要ということです。

「押したり引いたり」…
なかなか難しそうですけど、必要なのでしょうね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから