width=10
ことば探し
★私には、限界はありません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03808027

■2019年10月18日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

目を三角にして他人のウソをとがめても仕方がない。
でもウソはつかないほうがいい。
あとで話がいろいろ面倒になる。
個人のウソは憎めないことが多い。

でも組織のウソはいただけませんなあ。
だからウソをつかざるをえない地位には就きたくない。
現役のころ、科学研究費を申請する書類を
書かないことに決めた。だって、
「この研究の有用性」などという項目があって、
そんなもの、結果が出てみなけりゃわからない。
あえてそれを書く。
そういうことを繰り返していると、ウソをつく癖がつく。
そう思ったから、私は申請書を書くのをやめた。
でもそうすれば、当然ながら研究費はもらえない。

社会システムが、時と場合によっては、
こういうふうにウソを強要しているのも事実である。
それに個人で反抗すれば、それなりに損をする。
でも捨てる神があれば、拾う神がある。
私はそれでも生き延びてきたから、
拾う神がいたのであろう。

目先の得だけ考える。
この習慣をやめれば、
社会のウソはずいぶん減ると思いますよ。



出典元 半分生きて、半分死んでいる
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 養老 孟司

まゆの感想
こういうきっぱりとした態度をとれ、
それを実施している方は、本当に偉いなあ…、
すごいなあ…と思います。

私は、どうしても目先の得にとらわれるし、
仮に研究していたら、研究費は何が何でもほしいので、
申請書はガンガン書くだろうし、そのためなら、
ウソもつくだろうな、と思えるからです(汗)
さらに、ウソをついている自分にいつも気がついていて、
そんな自分がだんだんイヤになってくる…
また、成果がでなかったら、焦ってストレスいっぱいで
日々ピリピリしているだろうなあ、と想像できますし(苦笑)
ただこれからは、そんなふうにならない生き方を
していきたいと思っています。

そうそう、この本の中に、こんな一説が書かれています。
「アメリカの行動生物学者は、正直者だけの社会は、
 嘘つきの繁殖に絶好の環境を与える、と論じる。
 正直者だけの社会に突然変異で嘘つきが発生したとする。
 その嘘つきは、とりあえず大もうけをするはずである。
 それなら嘘つきは、必ず存在すると考えなければいけない」

嘘つきを見破れるように、ウソに振り回れないに、
情報を見極める力や冷静さも必要なのだと思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから