width=10
ことば探し
★私は、とてもイキイキとしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03808022

■2019年09月12日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

悩みを抱える人は思考系番地だけを
グルグルと使っています。
つまり、悩みグセのある人たちは、
悩み自体とずっと考えてしまうことで、
「私」という個人を外から
見ることができなくなっているのです。
(略)

一方で、特別な対応をしなくても自分のことを
客観的に観察できる人は、
基本的に悩みを引きずりません。
「相手は自分のことなんか何とも思っていない」
と冷静な判断を下すことができるはずです。
「あの発言はまずかったかな。あとで謝っておこう」
と、軌道修正をしていけます。
ところが、自己観察力が弱いと、
こうしたことができなくなってしまうのです。

ふさぎこんでしまうタイプだと感じる人は、
自分を客観的に見るようにしてみてください。
あなたにとって「大きな悩み」となっているものは、
客観的に見るとちっぽけなことの場合も多いのです。


出典元 イヤな自分を1日で変える脳ストレッチ
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 加藤 俊徳

まゆの感想
脳の専門家の加藤さんは、
悩んでいる人は「顔でわかる」と言います。

たとえば、
●何か他人から言われると、すぐに怪訝な顔をするタイプ
 (過去のネガティブなこととすぐに結びつけてしまうから)
●焦点が定まらず、フリーズしたような表情をする
 (いろいろなことに対応できずフリーズしてしまう)
●怒ったような表情
 (自分の考えていることがうまく表現できない、
  やろうとしていることが思い通りにできないために、
  不機嫌そうな顔をする)

など。そして、
「自己観察の力が弱くなってくると、悩みは深くなっていく」
と言っています。

たとえば、他の人から、どう思われているかといったことが
気になりだすと、そのことで頭がいっぱいになり、どんどん
悪いことを考え、不安になってしまう、ことが多いようです。

そこで加藤さんのクリニックでは、
「クリニックに来る相談者の状態を画像で示し、
 自分の脳を客観的な立場で観察してもらい、同時に
 医師としてアドバイスを行うようにしています。
 自分自身の脳画像を目の前に置き、
 もう一人の自分に観察してもらうのです」
というようなことをするそうです。

こうすると、実態のある「脳の形」として捉えられ、
自分の「悩みの根元」がどこなのかを探れ、自分がどんな問題を
抱えているか、よく理解できるのだそうです。

自分を客観的に見ること、大事なんですね〜
客観的に見る方法のひとつとして、
友人がもし自分と同じようなことで悩んでいたら、
その友人に自分が「どのような言葉をかけるか」
などを想像してみる、などがあるようです。
そして、その言葉を自分にかけてあげるといいようです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから