width=10
ことば探し
★私は、否定的なことばより、肯定的なことばを使います★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03777917

■2019年08月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

近年、医療技術の進歩により、
脳の成長過程が追跡できるようになった。
生きているあいだに、自分の顔を鏡で見るように、
自分の脳の成長段階を何度も確認することができる。
脳をMRIで診ると、「脳番地」によって
成長の度合いが違うことがはっきりわかる。

たとえば、偏差値の高い人は、
思考系や記憶系の脳番地が非常に発達している。
知識欲が旺盛で、自分の知識に自信がある。
いっぽうで、感情系の脳番地が未発達なことが多い。
それぞれの脳番地の発達度合いは人によって異なり、
それが個人の能力の差となって表れているのだ。


ただ、これまでの研究から、
20歳そこそこの人間の脳では総合力に
大きな差がないことがわかっている。
にもかかわらず、人によって能力に違いがあるのは、
ある脳番地だけを発達させ、ほかの脳番地を
鍛えてこなかったからだ。
そして、このことが、高学歴、高偏差値の人が
周囲の人とのコミュニケーションに
齟齬(そご)をきたす大きな要因となっている。


出典元 高学歴なのになぜ人とうまくいかないのか
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 加藤 俊徳

まゆの感想
高学歴、高偏差値の方のすべてがこうではないと思いますが、
上記のような傾向は、脳画像診断から見えてくるそうです。

頭がよく、話も論理的で弁も立ち、知識も豊富だけれども、
なんだか感情がないように見える方は、もしかしたら、
感情をつかさどる脳番地が未発達なのかもしれませんね〜
逆に、感情の脳番地は発達しているけれど、
左側頭葉が未発達な人もいるということですよね。
加藤さんは、さらにこう言っています。

「高学歴、高偏差値の人たちは、脳でいえば、
 左側頭葉(おもに記憶系の脳番地)を著しく発達させている。
 私はこれまでに多くの脳画像診断を行ってきたが、
 それが画像にはっきり現れている。

 いや、むしろ、
 左側頭葉の記憶系の脳番地を発達させていなければ、
 難関大学や医大に合格することは難しいだろう。
 こうした特定の脳番地だけに特化した生活を続けた結果、
 十代で生じた脳のひすみは、大人になっても影響が続く(略)

 この現状は改めることができる。
 脳には必ずひずみがあり、高学歴の人には特有のひずみが
 出やすいことに、まず気づくことが重要である。
 脳のひずみを許容し、社会が広く理解するようになれば、
 コミュニケーションはもっと豊かにひろがるはずだ」

そうか、そんなこともあるのか…と思いました。
ただ、高学歴、高偏差値の方だけではなく、だれもが、
未発達な脳番地があるので、それらをうまく発達させることができれば、
自分の能力をさらに発揮させることもできるようです。

しかしながら、発達している脳番地をさらに発達させていけば、
そのことについては、すごい成果をだすこともできるようです。
(天才の方などは、そのようです)
何かと考えさせられた本でした。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから