width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)との関係は、互いに自立していて快適です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03794562

■2019年07月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

多くの人が、だれかと自分をくらべてしまう。
たとえば、トップアスリートはこのくらいのタイムで走っている、
優秀な先輩はこんなタイムで走っている、
同世代のすばらしい選手はこのタイムで走っている…
そうした人たちとくらべて、自分がそこに達していないことに
気づくと、焦り、あきらめ、最後はやめてしまう…

私は人とくらべても、
「自分は劣っている、ダメだ」と思うよりは、
「よしっ、もっと頑張ろう」と思うことが圧倒的に多かった。
つねに人より下だったから、自分より上の人を見たら、
「そこに追いつこう」と思っていました。


もちろんオリンピックの選考のときや、ケガをしていたときは
不安に思うこともありましたが、最初から人より下にいたことで
他の選手に抜かれてしまった、評価が落ちてしまったと
ショックを受けて落ち込むことはなかった。
むしろ、「自分はこれからずっと上がっていけるんだ」と、
つねに自分が伸びていく可能性だけを感じていたのです。


出典元 やめたくなったら、こう考える
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 有森 裕子

まゆの感想
有森さんは、

「何かをやりはじめたら、やり続けるのが当たり前。
 その何かが「好きだから」、あるいは「嫌いだから」という理由で
 途中でやめられるとわたしは思っていません。
 「やりはじめたことを途中でやめる」
 という感覚を、もっていなかったんですね。(略)

 途中でやめることができる人には、おそらく
 「このレベルにならないから、もうイヤになった、もうやめよう」
 という「基準」があるのだと思います。
 わたしには、それがない。
 やめる理由になる基準、くらべるものがなかった。
 それがよかったのかもしれません。
 ふつうは、「このレベルまでなりたい」という基準があって、
 でもその基準になかなか達しない、練習してもうまくいかない、
 タイムがでないとやめてしまう。
 
 でも、わたしには基準がなかったので、つねに出した結果が
 ひとつの記録になった。その日「今日はダメだったな」と思っても、
 それがわたしの「今日の記録」だと思えた。
 そういった積み重ねの毎日だったから、やめる理由、
 やめるきっかけが何もなかったのです。

 わたしにとっては、
 「好きではないから」はやめる理由にならない。
 好き嫌いは何かをやめる理由にも、続ける理由にもならないのです」

「これだったらできるかも」が「これだ! 」と言える武器になるまで、
平凡なランナーはあきらめなかった、と言っています。

やはり、すごい方なんだなぁ…と本を読んでしみじみ思いました。
東京オリンピックが近づいてきて、あちこちでいろいろなイベントを
見かけますが、こんなすごい人たちが競うのだな、と思いました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから