width=10
ことば探し
★私は、大切なことが何かを知っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03773984

■2019年07月11日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「自慢」のネタがどれほどの偉業であったとしても、
自慢というスタイルで語られたとたん、
その価値は、大幅に落ちてしまうのではないだろうか。

ポイントはやはり、
「いかに自分を客観視できるか」
ということに尽きるだろう。
例えば、何かいい仕事をして人から感謝され、
自分でも満足できるとすれば、おおいに自惚れの対象になる。
それが自信になり、次の仕事へのパワーになり、また
いい仕事をしてますます自惚れる、という好循環が実現する。


しかし自慢は、自信のなさの裏返しであり、
人に認めてもらいたいという主観から始まる。
相手の都合は二の次になるから、自然と人は離れていく。
それを挽回しようと自慢に拍車をかけるから、
ますます人は遠ざかる。

おおよそ自信がみなぎっている人は、
たとえひと言も発せずともその雰囲気が周囲に伝わるものだ。
自慢のネタを探すより、自画自賛できるようなワザを
身につけるほうが、よほど建設的である。


出典元 筋(すじ)を通せば道は開ける
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 齋藤 孝

まゆの感想
これは私の印象ですが、
「自慢」することが好きな人には、
以下の特徴があるように思います。

 ○過去の成功や手柄を、あたかも今であるように自慢する
 ○何度も同じ自慢話をする
 ○身内、家柄、学歴、お金なども自慢のネタにする
  (自虐的な自慢もする)
 ○他の人の自慢話は聞かない

聞いているこちらは、「またか」と思うのですが、
そんなことはお構いなしで、周囲の感情より、
とにかく自分の「自慢」がしたい、という感じを受けます。

それほどまでに「自慢」欲求が強く、
(なぜなのでしょうね〜)
「自慢」以外の話がないのかもしれませんね。
(もったいないですね〜)

「自慢」以外の話も、いろいろと出来た方が何かといいし、
過去の自慢するなら、今の話をした方が評価も好感度も
アップするように思うけどなあ〜
そして、「自慢」してもいいけれど、ほどほどにし、
自分自慢をするなら、他の人の自慢話も聞き、そこから、
建設的な何かを学んでほしいな、なんても思います。
(って、こんなことは無理なのかなあ…)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから