width=10
ことば探し
★私は、自分が好きで、自分に満足しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03795104

■2019年03月25日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

社会では、好きな人とだけいるわけにいかず、
どうしても「合わない人」と仕事や近所付き合いを
しなくてはいけない場合があります。
人のストレスのほとんどは対人関係だともいわれます。

そんな「人の捉え方」を
大転換させるポイントをお話しましょう。
それは
好きな人・合う人は「価値観・視点が同じ人」と捉え
嫌いな人・合わない人は「価値観・視点が違う人」
と捉えることです。
(略)

よく考えてみると、自分と価値観が同じ人の話には、
自分がすでに気づいていることが多いはず。
共感や癒しにはなりますが、新しい発見の数はどうしても
少なくなってしまいます。

一方で、自分と価値観が違う人は、
自分とはまったく違う発想や視点を持っています。
だから、「自分とはまったく意見が違うけど、
こういう見方もあるんだな」と意見を「受け止め」だけで、
対立が融合に変わり、新しい気づきや発想が芽生えてくるのです。


出典元 1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 永谷 研一

まゆの感想
人が成長するということは、
自分の「視野や視座」が広がることでなので、
違いをもった人たちとの接点は、大切だそうです。
いつも価値観や視点が同じ人といるのは、楽しいことですが、
そればっかりしていると、成長もない、ということです。

いろんな人、いますよね〜
「えっ、この人の行動や発言は、意味がわからない」とか、
「とても理解できない」「この人とは、価値観が合わない」
「とにかく嫌い、合わない」などなど。
そのたびに、「もういやっ」とか「不愉快!」などと、
イライラもしますが、そういう人は、
自分に、何か刺激を与えてくれる人だということです。

そんな余計な刺激は、ほしくはないとも思いますが(汗)
そんな刺激があるから、いろいろと考えることもでてくるわけで、
これが脳の活性化にもなるようです。

著者の永谷さんは、そんな人と出会って、イラッときたら
「チャンス」と考え、「おっ、イラチャンだ!」と捉え、
前向きに対処する(その人の言い分に耳を傾けたり)ように
しているそうです。
こう思うと、自分の感情も客観的に見れていいそうですよ。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから