width=10
ことば探し
★私の心は、縛られたりしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03366763

■2018年11月14日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人と人の関係が決裂する際には、
その前に必ず「予兆」があります。
その予兆に気づけるか、気づかないか。
それだけで相手の関係が大きく変わります。
(略)

「相手の都合を解釈できない」のが、
関係が崩壊する主因です。
相手の都合は、どこかで必ず言動となって表面化します。
それが予兆です。

そもそも人は、自分勝手な都合で生きています。
勝手ながらも人は、親や兄弟、姉妹と関係を営み、
友人や恋人と関係を営み、配偶者関係を営み、
同僚と関係を営もうとします。
だから問題が起きるのです。
その勝手な都合を、自分が解釈できるか?
受け止められるか?

危機的な状況で、
表面化している予兆に気づくかもしれません。
予兆に気づいてはいるけれど、あえて関係を壊れることを
望んで放っておくかもしれません。
関係が壊れる時の背景というのは多様です。


出典元 今を楽しむ―ひとりを自由に生きる59の秘訣
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 矢作 直樹

まゆの感想
人間関係が壊れる前には、「予兆」があり、
これに気づけるか、気づけないか、
気づいて対処するか、しないか…
これが、その後の人間関係に大きく影響するいうことです。

その「予兆」が見えたとき、あるいは、壊れかけたとき、
壊れたときも、修復するには、以下の方法が効果的だそうです。

1.NGワードには触れない(ほじくらない)
2.仲直りの言葉を決めておく(長引かせない)
3.人は完全にわかり合えないと知る(悟る)

例えば、あるご夫婦は、仲直りの言葉として、
「ご飯にしようか」と決めているそうです。

その他、ヒートアップし続けてしまいそうな時は、
冷静さを取り戻すために、
「ごめん、トイレに行かせて」
「ちょっと待って。水を飲ませて」
などと、一呼吸ずらすことも有効なようです。

みなさまは、「予兆」を感じたらどうしますか?
様子をみますか?
対処しますか?
放っておきますか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから