width=10
ことば探し
★私は、世界中を旅行します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03366725

■2018年10月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

長い不安の波に沈んでしまった日本では、
誰でも、いつかはコミュ障になる可能性を秘めています。
あなたも、病むことがあるかもしれません。
その時、あなたを受け入れてくれる社会は、
どうあるべきなのか、考えてみてください。
「コミュ障な人」の立場になって、考えてみてください。


人は、わからないから不安になるのです。
相手がわからない。
自分が何をしていいのかわからない。
どうすれば、コミュ障な人と、うまく、
コミュニケーションできるのかわからない。

不安を受け止め、乗り越えていくには、
わからないことを
わからないまま思考停止して放置するのではなく、
理解しようとすること。
そして、どうすればいいかを
学んで行く姿勢が不可欠なのです。


出典元 あなたのまわりの「コミュ障」な人たち
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 姜 昌勲 (著)

まゆの感想
コミュ障とは、コミュニケーション障害のことです。
コミュニケーション障害とは、読んで字のごとく、
人とのコミュニケーションがうまくとれないことで、
本人も苦しみますが(そう見えないことも多々ありますが)、
周囲も戸惑いストレスを感じることが多いものです。

このコミュ障な人たちが、日本では増えているそうです。
なぜかというと、かつては、うつ病や発達障害など、
病名がはっきりつき、わかりやすかったのですが、
最近では、どうも話が通じない、周りを振り回してばかりいる、
空気が全く読めない、どこか何か感覚が違うなど、
単なる「困った人」なのか「変な人なのか」「病気なのか」
わからない人たちが増えているから、だそうです。
つまり、ボーダーラインの人が増えているのです。

日本人はポジティブ思考ではない傾向があり、
未来不安が大きいし、同調気質があるので、
周囲との軋轢も表面化し、それについていけない人たちが、
増えてきている、という側面もあるようです。

かつては、世代が違っても
「じっくり話せばわかる」と言われましたが、今は、
「じっくり話せない」「じっくり聞けない」
という人が増えてきている、のですね〜(泣)

この本では、しかしそれでも、
コミュニケーションをとっていく努力が大切、と言っています。
それが、自分のコミュニケーションの幅を広げるし、
自分の力にもなるし、生きやすくなるコツでもあるそうです。

これからのコミュニケーションは、早々にあきらめて切り捨てず、
面倒がらず、手間をかけてじっくりと…がより必要なのでしょうね。
「そんな時間なんてない」などと言ってないで。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから