width=10
ことば探し
★セックスは、愛のコミュニケーション、楽しいね。★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03078892

■2018年01月15日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

幕末、国際法のからみで、
日本の船にナショナル・フラッグをつける必要性が生まれました。
このとき、鹿児島城で、桜島に上る朝日を見た
嶋津斉彬(しまずなりあきら)は、

「あのさわやかな輝き出ずる太陽の光を以て、
 鎖国の夢を覚まさなければならぬ。
 日本の将来は、古代から日本人が命の恩として愛してきた、
 輝く太陽のようでなければならぬ」


と考え、太陽のマークである「日の丸」を
日本のナショナル・フラッグにすることを、
徳川幕府に提案したそうなんです。
日の丸は、斉彬が、愛する日本の行く末に託した
志そのものだったのです。


出典元 人生に悩んだら「日本史」に聞こう 幸せの種は歴史の中にある
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 ひすいこたろう 白駒妃登美 (著)

まゆの感想
もうじき、韓国平昌で冬季オリンピックが始まりますね。
(2月9日(金)〜2月25日(日)の17日間)

メダルをとると日の丸があがりますが、
あの日の丸が、嶋津藩の嶋津斉彬の提案だったこと、
そして「輝く太陽のようでなければならぬ」という思いが、
こめられていたことを全く知りませんでした(汗)
あったんですね〜このような思いが。
これから日の丸を見たら、思い出したいと思います。

そういえば、国旗はあるのがあまりに自然だったので、
何か疑問を感じることがほとんどなかったように思います。
みなさまは、ご存じでしたか?

ともかく、
頑張る選手たちをう〜んとう〜んと
応援したいですね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから