width=10
ことば探し
★私は、自分の怖れをすべて手放し、解放します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03224754

■2016年09月15日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ささいなことですぐ怒り、いつまでもそのままの人がいる。
かと思うと、ごめんなさい、と謝ったのに機嫌がよくならず、
さらに居丈高になって文句を言い続ける人を見かけることもある。
そうした人は、「人間ができていない小物」などと
周囲から評されるものだ。

実はそうした「怒れる人」は、
今現在の出来事に怒っているわけではないことが多い。
心の中にため込んできた古い怒りが、新しく起こったことで
浮かびあがり、爆発しているのだ。


だから、このような人の激怒の対象になってしまったら、
「ささいなことで、なぜこんなに怒鳴られるの?」
と落ち込んだり、逆に怒ったりする必要はない。
怒りはあなたではなく、その人の心のなかにため込んだ
未解決のものに向かっているのである。


出典元 大人の生き方 大人の死に方
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 海原 純子

まゆの感想
海原さんは、こんなことも大切だと言っています。

「逆に、自分がささいなことでいつまでも怒り続けたり、
 相手が謝っても怒りがますます燃え上がって制御できない方は、
 心のなかにため込んだ怒りに気づく必要がある。

 今、すぐカッとなる人が増えているのは、
 小さな怒りをため込んでそのことに気づこうとせず、
 怒りをため込めすぎた人が多いからなのだ。(略)

 今、国と国の間でも「なぜいつまでも怒っているのか」
 というようなことが多いが、それは古い怒りが
 何かのきっかけにして浮上するからである。
 今の問題だけに目を向けても怒りは解消されない。
 心の奥にある怒りに目を向けることは、
 さまざまな場面で必要だ」

怒りは、自分の身に危害が加わるのを防ぐための感情でもあり
生きていくために大切な感情です。
しかしながら、この怒りの感情をため込みすぎると、
あちこちで爆発するようになるので、小さな怒りのときに、
何からの形で表現したり、発散しておくことは大事だそうです。
上手な怒りのガス抜き、できるといいですね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから