width=10
ことば探し
★私は、家族のみんなを信じており、一人の人間として接しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03224754

■2016年09月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

小さい家を持っているために、大きな家が買えない。
中古の国産車を持っているために、
新しい外車を買うことができない。
薄汚れたスニーカーを持っているために、
ピカピカの革靴を買うことができない。
こういうサイクルに入り込んでいる人は、
驚くほどたくさんいるものです。

仕事にしても、会社にいながら
「いつかは独立して自分の会社を興したい」
と思っているだけでは、物事は一歩も前に進みません。
独立したいと思うなら、まず会社を辞めること。
いまの環境を捨てること。

そうやって自らバックドアを閉じてこそ、
独立へのパワーが湧いてきます。
超意識の助けによって、第一歩を進むことができるのです。

もちろん、会社や過去の栄光に限らず、
現在持っている何かを捨てるのは大きな勇気がいることです。
捨てるのは怖いし、不安や寂しさもあるでしょう。
しかし、恐ろしいからこそ、超意識に出番が回ってくるのです。
不安で、リスクがあるからこそ、
超意識による逆転が可能になるのです。



出典元 なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか?
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 溝口 耕児

まゆの感想
この本で言っている「超意識」とは、
「小さなネズミでも、いざ窮地に追い込まれれば、
 大きなネコに勝つことができる力を出す」
よくいう、「火事場のバカ力」のことです。
これを誰がも持っているので、何かを成そうというとき、
したことがあるときには、出していこうというのです。

この「超意識」を出すには、捨てる勇気、自分を追い込む勇気、
つまり、退路を断つ勇気と決断が必要だということです。
退路を断って、切羽詰まると、人間は必死になり、
自分が持っている力を振りしぼりあらゆることをします。
(人の危害を与えることは含まず)
超意識の力を使うには、逃げ場があってはダメだということです。

確かに、人間追いつめられると普段にはでない力がでますが、
だからといって、普段にこの力を出したいとは思わないものです。
でも、今の自分は力が足りない、何かが足りないと思うとき、
半端だと思うとき、どうしても成し遂げたいことがあるとき、
したいことがあるときには、退路を断つことが必要だと思います。
でないと、ついつい甘えが出て必死になれませんから。

とくに自分の夢を叶えるには、
必要不可欠な勇気と決断であると思います。
そして、覚悟を決めて、前に進んでいくことですね。
こう理解していても…なかなかできないのですが、
現在、決断と覚悟をするべく準備中です(笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから