width=10
ことば探し
★人生は素晴らしい★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02777569

■2016年08月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人生には、満足したり、幸せな気分になったり、
心を安らかになることもたくさんありますが、
イライラしたり、腹が立ったり、落ち込んだり、
怖くなることもいくらでもあるのです。
それらも、人間の感情の一部です。

それに目をつぶれば、
人生の半分をシャットアウトしていることになります。
それ以上に、自分の感情を封印していれば、
自分と他人との間に壁をつくってしまうことになります。
自分の気持ちを見つめ、理解しようとしなければ、
他人の悲しみや不安もわからないからです。
(略)

望ましくない感情を否定するすより、すべての感情を受け入れて、
人生で一番欲しいものを手に入れるためのエネルギーに変えていく。
私の研究でも、
「自分の感情を受け入れる人は、より充実した毎日を送っている」
という結果がでています。
私は、自分の感情を考えることを勧めます。


出典元 「感情シグナル」がわかる心理学
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 ジョン・ゴットマン

まゆの感想
人間の感情を調査、研究しているゴットマン博士は、
自分の感情を見つめてみることが大切だと言っています。
自分のためにも、周りのためにも。

とはいえ…
自分の感情を見つめたり、考えたりすることは、
時間と努力が必要だし、そんなことをしていたら、
感情に振り回されそうだし、仕事にならない、面倒だやっかいだ、
逆に不安でいっぱいになる、などと思う方もおられすし、
自分の感情を感じない方、わからない方もおられます。

ただ、自分の感情を無視したり、感じないようにしていると、
生きている実感も感じられないし、他の人の感情もわからなくて、
他の人の感情も無視するようになりがちです。
その方が、面倒がなく楽でいいでしょうか?
いちいち人の感情につきあってられるか、と思われるでしょうか?

私は、こう思います。
自分の感情との付き合い方は人それぞれです。
無理に感情を感じることもできません。
ただ、
「あれ、今自分はなんで怒って(イライラして)いるんだろう」
「この映画を観て、なんでこんなに泣けるんだろう」
「何がこんなに落ち込みの原因なんだろう」
「どうしてこんなにやる気が出ないんだろう」
「こんなに感動するのはどうしてなんだろう」
なんて感じたときは、誰かのせいにするのではなく、
自分の感情の元をちょっと探ってみると、
「こうされるとこう自分はこう反応するのか」
「自分はこう言われると、傷つくんだなぁ」
「自分はこんなことを大切に思っていたんだ」
と、自分の感情の原点がわかっていいように思います。
(書き出してみるといいようです)

するとちょっとだけ、自分と寄り添え一体感が感じられたり、
自分が大切と思うことに近づけて正直になれる、などして、
余裕も生まれる、落ち着けるようなるし、
周りの人の感情にも、以前よりは余裕を持って、
対処できるようになる…のではないかなと思います。
この方が、無感情で生きるより豊かなのではないかあ、
とも思うのですが、いかがでしょうか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから