width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)と、健全で楽しく、親密な関係を築いています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03842046

■2007年09月11日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
ダメでもともとじゃないか、
と考えるようになって変わった。
とにかくやってみる。
チャンスが少ないからこそ、
何でも体当たりしてみよう、と。
実はそこに逆成功の種があったのだ。
不思議だ。
何も期待しないでとにかく体当たりの数を
こなしているうちに、ふとみえてくるんだ。


何か大きく光るものが。偶然のようだが、
それだけやった人間にだけ見えるものがある。

“ダメもと”は断られても断られても、
挑戦することをやめない。
積極的で強い人間になるための精神。
ダメからスタートして、結果がよかったら
儲けものと考えればいいのである。

出典元 英国ワーキングクラス直伝「逆成功」のルール
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 石原 由美子

まゆの感想
この本には、さらにこう書いてある。

「恐怖感を打ち負かそう、なんて構えるより、
 ダメでいいから試してみよう、と思うだけで、
 今までできなかったことが軽々とできるようになる」


そうだ、大げさに考えずに、
ダメもと精神でチャレンジして見ればいいのだ。
ダメだったからといって、全部が否定されるわけでも、
全世界からダメと言われたわけでもなく、
たった1つのチャレンジがダメだっただけに過ぎない。
たった1つだけだ。世界は広い、日本だって広い。
ダメだったらダメ…
「さあ、次に行くか」と思えばいいのだ。

そうそう、“ダメもと”精神で思い出したことがある。
ケンタッキーフライドチキンの創始者
カーネル・サンダースさんは、60歳でほとんど財産をなくし、
65歳の時に、フライドチキンを広めようと、1000軒以上の
レストランを周り、そのほとんどの店で断られそれでも、
あきらめず、回り続け、そして今のケンタッキーがあるのだ。
1回のダメも10回のダメも、小さく見える話しだ。
(参考/「カーネル・サンダース―
65歳から世界的企業を興した伝説の男」


やる前から、じたばたしたり、怖がっていては、
何一つ前に進まず、できないことばかりになる。
“ダメもと”で、チャレンジしてみよう!

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 19pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから