width=10
ことば探し
★私は、他人にコントロールされることはありません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02824954

■「今日のことば」カレンダー 2014年11月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2014-11-28 width=22「じゃ、仲よしになるには、どうすればいいの?」
と王子さまは聞いた。

「ゆっくり時間をかけるんだ。
 今日はまだこれくらいまで。
 つまり、ちょっと離れてすわる。
 明日はもう少し近くに
 すわれるようになる」

(サン・テグジュペリ/作家) 
2014-11-27 width=22僕の母親って優れた人だったなぁと思います。
2008年6月に101歳で旅立ちましたが、
いい言葉を持っている人だったの。
僕の母親はどんなにひどい通信簿でも「よく頑張ったわね」
って誉めてくれました。
僕が通信簿を渡すと、必ず最初に「わあ〜」って言うのね。
で、そのあと必ず誉めてくれる。

でも僕の成績は小学校高学年からずっ〜と下降線で、
高校時代の後半に250人中210番になっちゃった。
このときだけは、さすがに母親も「わあ〜」が出てこなかった。
そのあともしばらく黙って通信簿を見ていましたが、
とうとうこう言ったんです。

「まだうしろに40人いるわね」
愛情を感じたなぁ、あの言葉。
僕っていい母親に育てられてるな、
かあちゃん大好き、って思いました。 
2014-11-26 width=22いじめってひどいよ。
いじめをするやつって最低!
そんな奴には、悪運がまとめてくるに違いない。
みんなそう思わない?

そう思うと発想が逆転しますよ。
つまりいじめてる奴って、かわいそうな人なの。
自分から運に見放されるようなことをしているんですから。

反対に、いじめられている人には必ずいい運がやってくるんだから。
つらくてもこう思っていればいいんです。
「残念だね、僕をいじめている奴ら。
 あいつらはこれからの人生、ぜんぜんいいことないよ。
 今、つらい目にあっている僕には、大きな運がたまっているから、
 そのうちラッキーなことがばっかりくるんだ」

気をつけてほしいのは、自分をいじめている人を恨んじゃうこと。
逆転の発想をすれば、その人たちはあなたに運を授けてくれる人
なわけだから、「仕返ししよう」と思うのもダメ。
むしろ感謝する方がいいの。 
2014-11-25 width=22《認知療法でネガティブ思考から抜け出す》 

人間の脳は、ストレスを受けると、ものごとを悲観的に、
あるいは、否定的に感じる傾向があります。
このとき、考え方や感じ方に歪みが生じるのですが、
でたらめに歪むわけではないのです。
この考え方や感じ方の歪みには、
次に示すような11のパターンがあります。

1.二分割思考
  すべてを白か黒か、全くか無しかといった具合に、
  二者択一でとらえようとしてしまう

2.過剰一般化
  何か嫌なことが起こったら、何の根拠もないのに、
  それがいつも起こることだと過剰に一般化して考えてしまう

3.恣意的推論
  何の根拠もないのに、将来のことを先読みしたり、
  他人の心の内側について自分勝手に憶測し、悲観的な結論をだす

4.選択的抽出
  記憶を思い出すとき、無意識のうちに悪いことばかりを選んで
  思い出してしまう

5.マイナス化思考
  良いことがあっても、日常的に起こるありふれたことでも、
  悪いことだと歪めて解釈してしまう

6.すべき思考
  先入観によって自分のとるべき行動を決めつけ、これによって
  自分自身を追い詰めていく

7.感情的決めつけ
  ものごとを客観的に判断せず、そのときの自分の感情によって
  決めつけてしまう

8.ラベリング
  自分はダメな人間なのだといったレッテルを貼り付けてしまう

9.自己関連づけ
  良くないことが起こったとき、すべて自分のせいにしてしまう

10.拡大視
  自分の欠点や失敗を過大評価してしまう

11.凝縮視
  自分の長所や成功を過小評価してしまう 
2014-11-21 width=22ああしろ、こうしろと言われたら、
頭から反発するのではなくて、どうしてそうなのか、
どうしてどうすべきでないのかを、
自分で考えて、判断すべき。

親から言われたことは、正しいかもしれないし、
正しくないかもしれない。
親自身、どうしてそうなのか、
自分でわかってないことはけっこう多い。
だからといって、すべてが間違っているわけでもない。

(池田昌子/哲学者) 
2014-11-20 width=22
弱い人間が
誠実に徹するということは、
どだい無理な話である。

(ラ・ロシュフコー/モラリスト) 
2014-11-19 width=22昔は悪いことをすると「お天道様がみているからね」
「罰(ばち)当たり」と知られるのが普通でした。
たぶんばれないだろうと思ったところで、人間のやることを
天はお見通しなのだというわけです。
事実、誰も見ていないと思っていても、お天道さまだけでなく
誰かが見ていたりしますから、悪事はすぐにばれてしまいます。

「良心に従って行動せよ」という言葉にも、
近いニュアンスがあります。
「良心に恥じない生き方」とは、
お天道さまに恥じない生き方ということであり、
「誰も見ていなくてもズルや不正はするな、
 いつでもあなたを見ている存在があるよ」
という意味です。

そしてお天道さま=良心という構図でわかるように、
お天道さまはどこか遠くの空高くにいるのではなく、
私たちのすぐそば、つまり私たちの胸の内にいつもいる、
そう表現しているのだと思います。 
2014-11-18 width=22待つことは同時に、お任せすることでもあります。
運を天に任せる、相手に任せる、
人智を超える存在に任せるという態度には
「私は信頼しています」という潔さがあります。
真摯な態度の前では、どのような邪心も恐怖感も
霞(かすみ)のように消え失せます。

急ぐことはない、焦ることもない。
答えは出すものではなく出るものです。 
2014-11-17 width=22しっかりアウトプットができる人と、
不十分なアウトプットしかできない人の差は
「最終的なゴールをどこにおいているか」で決まる。

アウトプットの質が良くない人は、報告書にしても、
パワーポイントによる資料にしても、
その作成自体がゴールになってしまっている。

一方、良質なアウトプットができる人は、
この資料をもとに、どんなアクションをして
何を成しとげるかというところを、ゴールにしている。
この差は大きい。(略)

パワーポイントの作成に力点を置いてしまう人は、
結局、プレゼンでもいいアウトプットができない。
資料はあくまで、補助的なツールであり、
プレゼンもひとつの手段にすぎない。
あくまでもゴールは、その先に何をするか、
それがアウトプットの質を左右するかだ。大切なのは、
「この仕事は、どこをゴールとして、何のためにやるのか」
という目的と意識がピンと外れになっていないかどうかなのだ。 
2014-11-14 width=22自然で簡単でシンプルな祝福。

「ある日曜日、教会の特別な奉仕活動を終えた帰りに、
 私は駐車場でインド人と会釈し合いました。
 彼の小麦色の輝いた肌に黄色のシャツが美しく映えていたので、
 思わず彼に「とても良くお似合いですね」と心から言いました。
 彼は本当に嬉しそうでした。

 続いて私はイチジクを買うために八百屋に寄りました。
 年老いた男性が定員に、イチジクをパックごと買えないので、
 バラで2個だけ売ってくれるように頼んでいました。
 私は自分のパックから2個のイチジクをその男性に
分けてあげました。
 彼の驚きと喜びは私の一日を輝かせてくれました」
  
2014-11-13 width=22「やる気をださなければいけない」とわかっていても、
思うように行動に移せない子がいます。
こういう子の場合、心と体、
両方のエネルギー量を確認しなくてはいけません。
そのどちらが欠けていても、ダメなのです。

身体のエネルギーを蓄積するために必要なのは「健康」です。
生活リズムを整え、栄養バランスのとれた食事をし、
風邪をひかないよう、うがい&手洗いを励行しましょう。
「そんなこと?」と思うかもしれませんが、それが基本です。

次は心のほうです。
心のエネルギーをチャージするためには、
3つの要素が必要になります。

1.安心感
2.楽しい体験
3.認められる体験

この3つがバランスよく与えられることで、
「よし、勉強がんばろう」
「今度の試合は必ず勝つぞ」
「将来はこんな大学に入りたい」
などという前向きな気持ちが芽生えてくるのです。 
2014-11-12 width=22不平不満が多い人がいる。
がんばっているのに報われないから
不平不満が多くなってしまうのか、
不平不満が多いから、
一生懸命やっている割には評価されないのか。
いずれにしても、不平不満が多い人は、
いい結果を出せないことが多いし、
周りから高く評価されることは少ない。

なぜ、不平不満が多くなってしまうのか。
その源泉は、やはり、自分が評価されていないこと。
自分は満たされていないという思いが強いこと。
つまり、いつも自分を基準にしている。
常に「私はもっと認められるべきだ」
「私は満たされたい」という思いで溢れかえっているから、
どんどん不満が増幅していまう。

こういう人は、会議や議論の場でも、
ネガティブなことばかり言いたがる。(略)
もっとも本人にしてみれば、不平不満を言っているという
意識ではない場合もあるだろう。
「自分は問題意識があって、問題提起をしている」
と思っているかもしれない。
それでも、周りの人たちからは、
「また、あの人は文句ばかり言っている」
「人の意見にケチをばかりつけている」
と思われている。 
2014-11-11 width=22コンサルティング会社にいたときに、
「言葉あたりの単価」という表現があった。
コンサルティングにS級、A級、B級のランクをつけるとすれば、
S級とA級の大きな違いは、言葉の多さだ。

A級の人はS級の人に比べて圧倒的に言葉が多い。
お客さんに向かって機関銃を乱射するかのように、
ずっーとしゃべり続けている。
こういうコンサルタントを評して、
「あの人の言葉あたりの単価がすごく安いよね」
というわけだ。
同じコンサルタント料を受け取っていても、
S級の人と比べて単位当たりの言葉の価格を割り出してみると、
格段に安いのだ。(略)

言葉が多い人は、ときとして「自分が話したい話」を、
延々と続けているだけで、相手の話を満足に聞いていない。
これではまとまる商談もまとまらない。

お客さんは供給に応じた対応や商品を望んでいるのであって、
こちらの独演会を聞きに来ているわけではない。
A級の人はB級の人に比べて知識もボキャブラリーも豊富で
弁が立つかもしれない。
しかし、なぜS級になれていないかと言えば、
いつも自分がしゃべりすぎているからだ。 
2014-11-10 width=22「ホメ言葉って、本当に効果的なのかな?」
と懐疑的な読者がいらっしゃるかもしれません。
しかし、はっきり申し上げましょう、
ホメ言葉は、「効果がない」ように見えても、
実のところは、とても効果的なのです。
私たちが思っている以上に効果的です。

確かに人によっては、せっかくホメてあげても、
「いやぁ、ホメすぎですよ」「そんなことないですよ」
「うぬぼれちゃいますから、もう勘弁してくださいよ」
と軽く流してしまう人がいないわけではありません。
このように流されてしまうと、私たちは、
「あれっ?ほめない方がよかったかな?」
と心配になってしまいますが、そんなことはないのです。
相手は、もう間違いなく喜んでおりますから、
やめることなく、これからもどんどんホメてあげてください。

ホメ言葉というのは、
ジワジワと効いてくる麻酔のような性格を持っていて、
「私は、ほかの人のお世辞などに影響されないぞ」
という人でも、自分でも気づかないうちに影響を受けてしまうもの。
ホメ言葉は、まさに無意識に働いて、
相手の行動を変えさせてしまうほどの力をもっているのです。 
2014-11-07 width=22迷ったときは、やる。
やらなければいけないような気がするのだが、
どうしようかな、と漠然と迷っている時は、やった方がいい。
大抵そういう場合は、面倒だとかしんどいとかの理由で
気が引けているだけのことが多い。

主観を廃し、自分から距離を取って客観的に努めてみる。
すると、やった方が得になることがわかる。
億劫だが実行した方がいいことがわかれば、
今度は感情を排して取り組んでみる。
その重い第一歩を踏み出す気力がなければ、
成功にはつながらない。 
2014-11-06 width=22天才たちの仕事ぶりは驚くほど地味である。
業績の華やかさに比べて、彼らの日常はさながら職人のような
ルーティンワークの繰り返しだが、その積み重ねが結実して、
人類規模の偉業にもなるのだ。
(もっとも彼らはそれを退屈だとは感じていないだろうが)

単調な日課をコツコツこなすことは、その人に強運をもたらす。
日課はいわば自分との約束だと思えばいい。
ここで大切なのは、何を日課とするかを「自分で決める」ことだ。
そして、ひとたび決めたなら確実にそれをこなす。

自分との約束を果たすことは、
小さな成功の体験を重ねることでもある。
勝ち癖をつけることが、やがて大きな成功へとつながっていくのだ。