width=10
ことば探し
★私は、これからの計画を立て、それを実行しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02614368

■「今日のことば」カレンダー 2010年7月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2010-07-29 width=22あなたの隣りで黙々とパソコンに向っているその人は、
何がやる気のもとなのでしょうか?
ぜひ、聞いてみてください。
思いがけない答えが返ってきますから。(略)

学習塾を大きなチェーンにまで育てあげた役員の一人は、
「トラブル」と即答しました。
「トラブルが起こると、ほおら来た、来た、来た!と、
 熱烈歓迎することにしている」そうです。
他人には想像もつかないたいへんな困難、多くのトラブルに
屈することなく、逆にやる気のもとにして、
切り抜けてこられたのでしょう。(略)

あるメーカーの社長(当時)は、「借金」と怒ったような
表情で答え、場が一瞬し〜んと静まり返りました。
その会社は多額の債務で話題になっていたのです。
次の瞬間、パッと笑顔になって、
「…を返そうとがんばること、ですね。
 応援よろしくお願いします」
と、答え、拍手を浴びていました。

その人らしい、そして少し意外な一面が出てきて、
たいへん楽しい会話が展開できます。 
2010-07-28 width=2220万円の給料で貯められない人は、
30万円になっても貯められないのが一般的である。
初めから18万円しか無いものと思って、
貯めるようにすることが肝心である。

時間にしても同じである。
8時始業の会社で遅刻する社員は、
「うちの会社は早すぎます。8時30分なら遅刻しません」
などと言うが、そうではないのである。

「理屈と膏薬(こうやく)はつけるところにつく」、
できない理由を探すより、できる方法を考えるとしよう。 
2010-07-27 width=22部下が悩んでいても、組織の正論で叱咤激励し
理解しようともしない。後輩が悩みを打ち明けても、
立派なアドバイスでそれから逃れようとする。
同僚の顔色が悪くても、悩みを聞く羽目になることを
怖れて声をかけようともしない。
妻(夫)や子どもの様子がいつもと違っていても、
忙しいのを口実に向き合おうとしない。

これらは、厳しさではなく「冷たさ」です。
そうした中で、聞いてくれない人に怒りを向け、
嫌いたくないのに嫌悪し、寂しさをつのらせていくのです。

人の心を聞けないこの社会を変えてゆかなければ、
いくら環境が整備され物質が満ちあふれたとしても、
人は幸せにはなれないのではないでしょうか。 
2010-07-26 width=22仮に、AからBに変えれば大きな成果が出ることが
明らかな場合、ほとんどの人がやり方を変えます。
しかし、Bに変えたほうがよいことはわかっていても、
結果にほとんど差がない場合、それでも、
あえてやり方を変える人はそんなにいないものです。

私は、ほんの少しでも「いい」と気づいたことは、
その場でBに変えるようにしてきました。
もちろん、実際に変えてみて、
「よくない」とわかることもあります。
そんなときには、元に戻すか別なやり方を考える。
このように、常に掃除のやり方を工夫してきました。
気づいたことを面倒くさがらずに、
処理していますと、さらに大きな気づきに出合います。
その気づきが、次の工夫につながります。

問題は、工夫など、気づいたことをすぐ試してみるか。
それとも、面倒くさいからといっていままでのやり方で
そのまま続けるか。ほんの少しの差ですが、
数年続けると大きな差となって表れてきます。 
2010-07-23 width=22「都合の良い話」は、誰でも楽に聞けるものです。
それゆえ、「都合の悪い話」を聞いたときにこそ、
相手は心を開いて深い真実を語ってくれるようになります。
なぜならば、相手は都合の悪い話を聞いている、
こちらの辛さをどこかで感じ取り、同時にそれでも、
受け入れてくれることに温かさを感じるからです。

つまり、都合の悪い話を聞くことは
「愛情を伝える」ということです。 
2010-07-22 width=22《お知らせ》
本日、紹介した本の中に出てくる会社の一社を
本日分の「ぼちぼち日記」で紹介しています。
よろしければ、読んでみてくださいね。
こちらから→「日本でいちばん大切にしたい会社」
景気は与えられるものではなく、創るものです。
お客様が喉から手が出るほどほしい商品を創り、
提案すればいいのです。
それを創り、売る会社の規模が大きかろうが小さかろうが、
あるいはその商品がハイテクだろうがローテクだろうが、
お客様には関係ありません。
この活動は、どんな業種にもどんな企業にも当てはまります。

私のまわりには、20年も30年も
増収増益を続けている会社がたくさんありますが、
それらの会社を見てつくづく思うのは、
やはり景気は与えられるものではなく、
自分の力で創るものだ、ということです。 
2010-07-21 width=22「苦手な人と向き合うときは、最初から、あまり期待しない」 
 みなとうまくやっていける人なんか、いるわけがない

「そこまで他人の目を気にする必要はない」
 人はあなたが思うほど、他人のことなど気にしていない

「友達はたくさんいるほうがよい、という幻想から卒業する」
 知合いの数が人間関係のスキルを物語るわけではない

「みなと同じように振る舞うことに、とらわれすぎていないか」
 奇をてらうのではなく、信念を持つことが大事

「逃げのウソをつくと、疲れるだけ」
 ありのままの自分でいるほうが、ゆとりある対応ができる

「ひとりで過ごす贅沢な時間を味わう」
 大切な答えは、ひとりの時間に見つかることが多い

「ひとりでいられないのは、心のどこかに不安があるから」
 ひとりでは心細い、と思うから心細くなる

「重い、面倒な人間関係を、避けすぎていないか」
 軽さ、楽しさだけを求めていては、いい人間関係はつくれない

「つねにポジティブ、ポジティブと自分にプレッシャーを
 かけていないか」
 がんばれ、より、ドンマイのほうが心に染みるときがある

「自分のいいところだけ数えあげ、
 思い切り甘い点をつけてしまう」
 世の中は十分厳しい。
 そのうえ、自分には、厳しくではつらすぎる。 
2010-07-20 width=22人間は善いことをすると喜びを感じて
エネルギーが湧いてくるが、
善くないことをすると、心が沈んで、
自尊心が低くなるという罰を受ける。
基本的に人間は悪いことをすると
エネルギーを奪われ、自分が苦しむことになる。
それを忘れないことだ。

そして自分をじっくりと、厳しく、誠実に見つめ、
いろんなことがうまくいかないとしても
人のせいにしてはいけないと肝に銘じること。
現実を変えるのはあなた自身だ。
人生を決定する力は、それが自分の中にあると
気づいた者に湧いてくる。 
2010-07-19 width=22「乗り越えたから笑ったのではなく、
 笑ったから乗り越えられた」
と思いたい。
言いかえれば、
「いいことがあったから笑うのではなく、
 笑っているからいいことがある」
と考えていきたいのです。

今、私たちができること、それは、
ひとりひとりが温かい笑顔をもつこと。 
2010-07-16 width=22幸せには三つあるといわれます。

ひとつ目の幸せは「してもらう幸せ」
赤ちゃんのとき誰もが、お腹が空けば泣いたし、
オムツが濡れれば泣きました。
すると、おかあさんが飛んできて、おっぱいを含ましたり、
オムツを替えてくれました。そのとき、私たちは幸せでした。
これが「してもらう幸せ」です。

ふたつ目は、自分で「できる幸せ」
字が書けるようになった、一人で自転車に乗れるようになった、
サッカーがうまくなった、なんでも自分でできるようになると、
偉くなった気がしてうれしいものです。
これが「できる幸せ」です。

そして最後は、人に「してあげる幸せ」
人に物を差し上げる、何かして差し上げる、相手の喜びを
わが喜びとする、そんな人は、人から好かれ頼りにされます。
「してあげる幸せ」は、三つの幸せのなかでも最高の幸せです。

私たちも「してもらう幸せ」から「できる幸せ」へと進み、
そして「してあげる幸せ」を味わえる人生を送りたいものです。 
2010-07-15 width=22ゴミを拾っていて感じることは、
ゴミを捨てる人は捨てる一方。
まず、拾うことはなしないということです。
反対に、拾う人は無神経に捨てることもしません。

この差は年月がたてばたつほど大きな差となって
表れてきます。
人生はすべてこうしたことの積み重ねですから、
ゴミひとつといえども小さなことではありません。

いつも「志は高く、実践は足元から」
この姿勢こそが大切な心構えです。
第一、足元のゴミひとつ拾えぬほどの人間に、
何ができましょうか。 
2010-07-14 width=22「何を言いたいのかよくわからん」
あなたがもし、仕事でそんなふうに言われることが多いなら、
まず次の3つのポイントをはっきりさせるようにしてください。

 1.何の話か
 2.なぜ今か
 3.どうしてほしいのか

話す人の頭の中には、話したい「何か」がありますが、
話を聞かされる側にはそれがありません。
もし、あなたが「何か」を伝えようと思うなら、
相手があなたの話を理解するために、どうしても必要な
情報を伝える必要があります。
それがこの3つなのです。(略)

人に何かを伝える時、まずは話の概要について理解してもらい、
話の重要度や緊急性を伝えてから、話を聞いてもらった後に
相手にどうしてほしいのかを言います。 
2010-07-13 width=22不思議なもので、「これは失敗なんだ」と自分の失敗を
認めることができた瞬間から、状況が一変します。
レンズのくもりが晴れたように、
いろいろなものが見えるようになるのです。

失敗と正面から向き合うことではじめて、
いまどういったことがどういったシナリオで起こっていて、
それによってどのような問題が発生しているかとか、
今後どのような展開をしていくかなど、
見えてくるようになるのです。

そうなった段階で、人はようやく「失敗後の対処」という
次のステップに進むことができます。
裏を返せば、失敗を失敗と認めないうちは、失敗後の対処など
考えることができないし、悪い現象を前にして、
何一つ手を打つことができないのです。
だから、失敗にうまく対処するには、
自分の失敗を認めることが大切な第一歩なのです。 
2010-07-12 width=22陶芸家の河井寛次郎先生は、
 一人光る。
 みな光る。
 何も彼も光る。
という言葉を言っています。

職場の中でも、みんなでやろうなどといわなくても、
私一人、まずコツコツとやる。
そのひたむきな姿に共感者が現れてきて、
いつの間にかみな光る。
そして、されにそれを徹底して継続をしていると、
何もかも光るようになる。この順番です。

人間は義務でやらなくてもいいことがどれだけやれるか、
ということが人格に比例していると思います。 
2010-07-09 width=22「根深ければ葉繁し」というやさしい言葉がありますが、
いずれにしても根が先です。

ところが、根のほうはどうしてもやりたくない。
地下でいくら努力しても人に認められない、
わかってもらえないということで、張り合いがない楽しみがない。
すぐに認めて、ほめてくれないということで、
つい根を放っておいて木を伸ばそうとして失敗した人が、
世の中にたくさんいます。

私はそうすれば失敗するということを
よく知っておりますから、とにかく根を深く広く張ると
いう努力だけを今日までしてきました。
結果としてそれが今日、大変大きな力になっております。
この張り合いのない、楽しみのないことに、
どれだけ耐えられるかということ、
これに耐えられないようだったら、
私は駄目だと思います。 
2010-07-08 width=22《お詫び》
昨日、ことば中でぼちぼち日記「3つの化粧品」の話を
紹介しましたが、半端なアドレスを紹介してしまいました。
失礼いたしました…こちらからだと続きも読めます↓
「3つの化粧品」
よろしくお願いいたします。 
どんなに素晴らしいアイディアもコンセプトも、
相手に伝わらなければ、ゴミ同然です。
コミュニケーションは、相手に伝ってはじめて価値を持ちます。

とても相手が受け取れないような悪送球をしておきながら、
こんなに言っているの、なぜわからないんだ!と怒ったところで、
相手が受け取れないという事実には変わりません。
キャッチボールが続かないという事実は変わりません。

相手が受け取れないのは、あなたの送球が
相手に合っていないからです。
相手が聞かないとしたら、
あなたの話す能力が及ばないからです。
話す能力とは、相手の聞く能力を高める能力なのです。 
2010-07-07 width=22心からの100%の笑顔は本物で、20%のつくり笑いを
ニセ物と思う人も多いでしょう。
でも20%と言っても、
100%にとりあえず20%は近づいているのです。
本人があきらめない限り、20%が30%、40%、50%と
パーセンテージが増え、100%に到達していきます。

途中であきらめないこと。あきらめると、
「笑(しょう)が無い」といって、笑顔を失ってしまいます。
たとえはじめはつくり笑いでも、相手がそれに応えて
笑顔になればいいのです。
「今日はつくり笑いだったのに、あの人は心地よい笑顔で
 返してくれた。よかった、ありがとうございます」
と、感謝の心が芽生えたとき、つくり笑いが本物の真の笑顔へと
やがて変っていくでしょう。 
2010-07-06 width=22《チャンスだね》  井手 愛

悪口言われてしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
優しくなれるチャンスだね

ケンカをしてしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
絆が深まるチャンスだね

作り上げたモノがこわれてしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
新しいモノが作れるチャンスだね

がんばったけど失敗しました。
チャンスだね、チャンスだね
目標がもてるチャンスだね

勝負に負けてしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
くやしさを知るチャンスだね

失恋してしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
次の恋に出会えるチャンスだね

お母さんに怒られてしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
愛を感じれるチャンスだね

たくさんのチャンスを見逃してしまいました。
チャンスだね、チャンスだね
次のチャンスにすぐに出会えるチャンスだね 
2010-07-04 width=22小さなことにも、心が平衡感覚を失ってしまうのは、
地に足がついていない証拠。
必要以上に、背伸びしていないだろうか。

どんなに背伸びしても、
いまの自分以外の自分にはなれっこない。
逆に自分を過小評価して自信を失っている場合も、
足下は揺らいでしまう。

ありのままの自分でいい。
本当の自分を丸ごと受け入れたとき、
着実に成長して行くための
出発点に立つことができるのである。 
2010-07-02 width=22どんな結果が出ようと、
そこで終ってしまうということはめったにない。
その先へ、さらに先へと人生は続いていく。

つまり、そのとき、得られた結果は、失敗ではなく、
「単なる結果」のひとつにすぎないということなのだ。
期待どおりの結果が出なかったとしても、それが結果だ。
そう受け止めるクセをつけよう。

「結果」はつぎに向う「出発点」になる。
「失敗」だと思うとそこで止まってしまうが、
「結果」からは、しばらくたつと、
つぎに向う新しい芽がでてくるものだ。 
2010-07-01 width=22仏教で「和顔愛語」という言葉があります。
和やかな顔で、情を込めて語りかける。
これはお布施のひとつなのだそうです。
お布施とは、見返りを求めない善意のことです。
人付き合いにおいては、
この「和顔愛語」さえ心がけておけばよいでしょう。
これだけで充分、「他人を喜ばせる」ことになり、
ひいては「他人から愛される」ことになるのです。

「たったそれだけのことでよいのか」
と思われるかもしれませんが、つねにこれを心がけるのは、
相当むずかしく、強い精神力が要求させることです。

せっかくにこやかに話しかけても、
相手は不機嫌に応答してくるかもしれません。
しかし、それでもよいのです。
見返りを求めてはお布施になりません。
自分が、自尊心と誇りにかけて「和顔愛語」を実践したなら、
相手の反応がどうだろうと、たいして気にはならないはずです。