width=10
ことば探し
★私の会社での評価は高く、とても満足しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02650525

■「今日のことば」カレンダー 2009年12月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2009-12-30 width=22
まわりが暗くても
暗くなるな 
2009-12-29 width=22許すということは、損をすることなのかも知れないと思う。
だから、難しいのだ。(略)

貰えるはずのものが貰えなかっただけでも、
「損した」と思うのに、こちらがそれを与えるなんて、
これでは、“ダブルの損”だと、私は思ったのである。
ところが、やがて気づかされたのは、
ダブルに損をすると、「得になる」ということだった。

“シングルの損”だけにしておくと、
残るのは、腹立たしさや口惜しさだけであり、
折りあらば仕返しをと考える自分だけである。

ところが思い切ってダブルに損をすると、
そこには、ほめてやりたい自分が残り、
「よかった」という満足感が残るから不思議だ。
しかし、ダブルの損をするのは、決して易しいことではない。 
2009-12-28 width=22あなたが変われば、
まわりの人も変わる
あなたが動けば
まわりの人も動く

まわりの人を変えようと思うあまり
疲れていませんか?
それより先に、自分を変えましょう
あなたの考え方が変われば、
まわりの人も変わるのです 
2009-12-25 width=22微笑み…それは人に与えても一向に減りはしない。
      しかし、貰った人を限りなく豊かにする。(略)

微笑み…それを生み出すのに時間は少ししかかからない。
      しかし、それを受けた人の記憶の中に、
      永遠に残ることさえある。

微笑み…それは家庭の中に幸福をつくりだし、
      職場に善意をつちかい、友情を養う。

微笑み…それは疲れ切った魂に安息を与え、
      失望した人に励ましを与え、
      悲しい心に光をもたらす。

それはあなたの心の奥底からわき出して、
惜しげもなく与えられたときだけ値打ちが
でてくるものである。
ある人々は、あなたに微笑みを
与えることができないほど、疲れている。
だから、その人に、
微笑みをあげることができるのはあなたである。 
2009-12-24 width=22みなさんが誕生日のパーティにどこかに招かれていらした時に、
その日お誕生日をお迎えになった方を、そっちのけにして、
集まってきた人々だけがお互い同士、贈り物を交換していたら、
随分失礼にならないでしょうか。
その日、お誕生日を迎えたご本人は、
随分淋しい思いをなさるのではないかと思うのです。
そして、クリスマスがそうなのです。
実は、本当にプレゼントを差し上げなければいけないご当人、
イエス・キリストがどこかに
忘れられてしまっているのではないでしょうか。
贈り物をいただくにもっともふさわしい方は、
イエスさまであって、必ずしも私たちのお友達、
お父さま、お母さまではないからです。(略)

「あなたは、何の贈り物をイエスさまに
 準備していらっしゃるのですか?」
とうかがった時に、
「私は、こういうものを今年はイエスさまのために
 準備しております」と
おしゃっれる方であってほしいと思います。(略)
ですから、せめて、私たちが、たった1つずつでもよいから、
「私のイエスさまへのプレゼント」を準備したいと思います。 
2009-12-23 width=22人間というのは、おもしろいところがあって、
「あいつ最近頑張っているな」「成長しているな」
と心の中で思っていても、9割ぐらいが
それを具体的な言葉として伝えていない。
「オレがおまえを認めていることは、
 いちいち口に出さなくてもわかっているだろう」
と思ってしまう。

でも、相手はわかっていないものだ。
認めてくれてはいるんだろうけれど、
いまひとつ確信が持てないというのが、
相手側が受け取るふつうのパターンである。
認めても伝えないのは、認めてないのと同じになってしまう。
しっかりと言葉で相手にいいところを伝えてあげよう。 
2009-12-22 width=22「あなたがいまのあなたであるのは、
 崩壊した家庭のせいでも、
 破綻した経済のせいでも、
 戦争の激動のさなかにある世界のせいでも、
 差別のせいでも、
 大酒のみの家族のせいでも、
 貧困にさいなまれた環境のせいでもない。
 あなたは、
 あなた自身がたどってきた考えの産物であり、
 今日について何を考えていようと
 それは明日の土台になるのだ」

昔、だれかにひどい仕打ちを受け、
過去を台無しにされたならば、
その人のせいだと考えてもいい。

だが、あなたの現在と未来を
だれかに台無しにさせてはいけない。
自分自身で考え、未来をコントロールするのだ。
明日はもっといい日だと信じて。 
2009-12-21 width=22理解のある両親、思いやりのある友だち、
親身になってくれる先生が、なぜ、いないのか!
明るい性格、魅力的な容貌、抜きんでた才能が、なぜ、ないのか!

もちろん、あるにこしたことがありませんが、
なぜないのかを考えてもしかたないことです。
だって、ないんですから。 
2009-12-18 width=22「ファンをいっぱい作るより、芸を磨け。
 芸を磨いて売れたら、ファンなんてまた、いっぱい来る」

コツコツ、コツコツ、掃除の仕事を続け、
コツコツ、コツコツ、周囲の人々の信頼を築いてきた、
ばあちゃんだからこそ言えた言葉だったと思う。

「一生懸命」なんて古くさい言葉かもしれないが、
一生懸命働いている人に向かって、
誰も「一生懸命なるな」とは言わない。
掃除でも、芸能界でも同じだ。
俺は、ばあちゃんの言葉を実践した。 
2009-12-17 width=22望まないことから、
望むことへ考えを映すと言葉が変わります。
言葉が変わると波動が変わります。(略)

違う言葉、違う思考を選ぶだけで、
波動をプラスにリセットすることができます。
「それなら何が望みなの?」
と自問するだけ!
簡単なことです。

繰り返しますが、望まないことについて話したあと、
望むことについて話せば、言葉が変わります。
言葉が変われば、波動も変わります。 
2009-12-16 width=22「君の言っていることは、同じ雨でも、
 高地の草原に降るか平野に降るかで
 育つ植物が異なる、というようなものだね」

そのとおりだ。
ものの考え方は、雨(情報)の降る土地であり、
私たちそれぞれが持つものの考え方によって
違った結論につながる。
つまり、情報をどう受け止めるか、なのだ。
それがカギである。 
2009-12-15 width=22心から信じている何か、
またはどうしても逃したくないチャンスにつながる扉が、
閉ざされたとき、そこであきらめてしまってはいけない。
一歩下がり、状況を見極め、
そして自分にこの大切な質問をしてみる。

「扉は本当に閉じてしまったのだろうか?」
たとえ100万分の1でも、
自分に何かできるチャンスがあるなら、
それがどんなことであれ、挑戦する価値がある。
扉をこじ開ける、もしくは隙間に足をはさんでもいいから、
とにかく扉を開けておく努力をしよう。

「NO」と言われてもあきらめるな。
意志のあるところに、道は開ける。 
2009-12-14 width=22私は人とのつきあいで
「残心」ということを常に考えています。(略)

人と何らかの接触を持った場合、
別れたらケロリと忘れてしまう、あるいは
忘れられてしまうのでは、よい人脈形成はできない。
人とよい関係を築き、継続していくためには、
「残心」ということがとても大切だと思うのです。

このことは話についても言えることです。
人と15分間、30分間話をする。
話し終わって、
「ああ、この人と話ができてよかったな」
と思うのは、どういうときか。
印象深い何かが、心に残ったときだと思うのです。
人と話すときは、そういうものを一つは、
残せるような話し方をしたいものです。

(注/「残心」とは、未練、心残りと解されることもありますが、
   武道では、「大切な心構え」とされているそうです) 
2009-12-11 width=22大した顔じゃないアイドルでも売れているじゃないですか。
ヘタすれば自分のほうがカワイイと思う子もいますわ。
でも彼女たちは少なくてもオーディションを受けたんですわ。

まずは何事も行動ありきですよ。
自分に対して、過小評価はしないほうがいい。

取りあえず何でもやってみて、ダメだったら笑えばいい。
「人がコケたら笑え、自分がコケたらもっと笑え」
とばあちゃんが言ってましたけど、
真剣で勝負して失敗したら笑えばいい。
自分が懸命にやったことだもの、悔し涙よりも
笑って次に繋げた方が健康的です。 
2009-12-10 width=22誰かをほめて喜ばれると、ほめられた方も、
ほめてくれた人に喜んでもらおうという気持ちになります。
ほめてくれた人のために力になろうとします。
そんな人が増えれば、
必然的にものごとが上手く運ぶようになります。

幸運や幸福は、何もしない人の許へは姿を見せません。
ほめることは、人間関係を大切にすることであり、
幸運や幸福を招くことです。(略)

情けは人のためならず、巡り巡って己がためなり、
とよく言われますが、実はほめることも人のためではなく、
あなたに幸運をもたらす行いなのです。 
2009-12-09 width=22両者の関係の目的が
「目標達成のための友好的な状態でいること」
であっても、咄嗟のコミュニケーションが
「自分が間違っていないことの証明」に
なってしまうことは日常茶飯事です。(略)

そのコミュニケーションをとる目的を常にわきまえて、
人と接すること…多くの場合、その認識がないがために、
コミュニケーションで悩むことになります。

仕事の成果をあげるためのコミュニケーションに
「どちらがコントロールをとるべきか」を持ち込んだり、
ただ楽しむためのコミュニケーションに
「べき」の正しさを持ち込んだり、
愛を深めるためのコミュニケーションに
「競争」を持ち込んだりする必要はありません。
ましてや、子どもの自立を教えるコミュニケーションに
「親がいかにいい親かの証明」を持ち込む必要はないのです。

大切なコミュニケーションであればあるほど、
「何のために?」と自分にその目的を確認してみることです。 
2009-12-08 width=22できていないことに焦点を当てて
「なぜできないのだろう」
と自分を責めると、やる気を失ってしまいます。

反対に、できていることに焦点を当てて、
「何がうまくいっているんだろう」
と探求すれば、これからも前進する勇気が湧いてきます。

それは
「まったく、どうしてできないんだ」
という自己内コミュニケーションを選ぶか、
「大丈夫、なかなかいいよ。やり続けて」
と自分を信じる言葉を選ぶかの違いです。 
2009-12-07 width=22中学校での俺の通知表は、大体が次のようなものだった。
体育…5
数学…5
社会…2
国語…1
英語…1
理科…2
音楽…1
技術家庭…3
(略)

この成績を良いと思うか悪いと思うかは、
見た人にもよるだろうが、
「1と2ばかりでごめんね」
とばあちゃんに言うと、
「よか、よか、大丈夫。
 足したら、5になる」
と笑った。

「通知表って足してもいいの?」
と聞くと、今度は真顔で、
「人生は総合力」
と言い切った。 
2009-12-04 width=22この本の中に書いてあるイチロー選手のことば。 

「第三者の評価を意識した生き方はしたくありません。
 自分が納得した生き方をしたいです」 

「僕は、期待があろうとなかろうと進むタイプです」

「チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません。
 集中してやっているので、余計なことは考えません」

「僕本人より、麻痺しているのは周りです。
 そういうものに振り回されてはいけない。
 これはもう、とっくの昔に分かっていることです」

「決して人が求める理想を求めません。
 人が笑ってほしい時に笑いません。
 自分が笑いたいから笑います」

「満足の基準は、
 少なくても誰かに勝ったときではありません。
 自分が定めたものを達成した時に出てくるものです」

「自分がしたことに人が評価をくだす、
 それは自由ですけれども、それによって、
 自分を惑わされたくないです」 
2009-12-03 width=22私たちはどうかすると
「叱る」と「怒る」という感情を混同してしまいがちです。
この差をきちんと理解した上で伝えないと、
「あの人はいつも怒っている」などという評価が定着して、
本当に伝えたいことが伝わらなくなります。

「怒る」という感情は、基本的には自分側が
マイナスの被害を被ったときに起こる感情です。
どちらかといえば、自分中心の感情です。

それに対して「叱る」という行為には、
つねに相手が明確に存在しており、
その相手のレベルアップを願う
という気持ちが根底にあるはずです。 
2009-12-02 width=22ある会社に研修でお邪魔したときに伺ったエピソードです。

「よくぼやく同僚がいましてね。
 営業に行く前に、「こんな商品売れないよ」
 とか言うわけです。口ぐせのように。
 そのままお客さんのところへいくわけですから、
 商談の結果も当然ボツなんです。
 そいつは帰ってきてから、
 「やっぱり無理だね、この商品じゃ」
 と言うんですよ」
「いますよねえ。
 で、そのときはどうなさったんですか?」

「いえね、別の者がそのお客さんのところに行ったんです。
 彼は商品に対してのお客さんの疑問点を開発者に聞きました。
 自分が自信を持ってすすめられるようになるまで
 いろいろたずねたんです」
「自分自身が納得いくようにしたわけですね。
 うまくいきましたか?」

「ええ、契約成立です。お客さんは、
 「あまりにいい、と君がいうから、
  いい気がしてきたよ」
 と言ったそうです。
 やっぱり信じる者は救われるんでしょうか」 
2009-12-01 width=22世の中には、目に見えなくても
信じるに値することはたくさんある。

だが、まず、
信じなければ見えてこないものはもっとたくさんある。
例えば、他人のなかに善を見いだすことも、
自分の力を信じることも、
自分のしている苦労が苦労に値するということも、
愛はリスクを冒すに値するということも、
人生は生きるに値するということも、みなそうだ。
こういうことは、まず先に信じることによって、
しだいにそれが形になって現れてくる。

仮に、あなたが、
「こんなこと、私はもう我慢できない!」と
いう言葉をよく口にする(信じる)としよう。
すると、あなたがその言葉を口にするたびに、
「そのことに我慢できない自分」というイメージが
内面化され、あなたはますます我慢できなくなっていく。
だが、それを乗り越える強さを求める言葉を口にしていれば、
(それを信じていれば)乗り越えていく自分の姿を
心の中に作り出すことができるのだ。

何事でも、信じる力が強ければ強いほど、
実際に成功する可能性が高くなる理由がここにある。