width=10
ことば探し
★私は、やりがいのある仕事をし、十分な報酬を得ています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02650526

■「今日のことば」カレンダー 2006年7月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2006-07-31 width=22自分の内なる真実が、力の源になる。
ほんとうの自分と1つになってこそ、
自分自身を生き生きとさせることができる。

あなたが一歩を踏み出すとき、
それは自分の真実に近づく1歩か、
離れる1歩かの2つに1つだ。

真実に近づく1歩はあなたにエネルギーを与え、
離れる1歩はあなたからエネルギーを奪い取る。 
2006-07-30 width=22アメリカ人の場合には、愛されるよりも、
むしろ愛する相手が欲しいという印象です。
愛してないと、何か生きがいがない
という感じなのです。

ところが日本人の場合は、
愛するより愛されたいというほうが強いのです。
一般的に、日本人は愛するよりも、
愛されることが好きなのです。 
2006-07-29 width=22
人とともに笑おう。
人を笑ってはいけない。 
2006-07-28 width=22自分の人生を変えようと決心し、
すぐに実現できる人はまれだ。
私たちは、前に進んでいるかと思えば、
突然道を踏みはずし、また進んでは踏みはずす。
ときには二歩進んで一歩下がる。
それどころか二歩下がって一歩進む、
という状況もあるかもしれない。

ここで肝心なのは、
強い意志をもって何度も挑むことだ。
目的とビジョンに向かってあきらめずにがんばることが、
変化を維持できるかどうかの鍵を握っている。

うまくいかないときに「もうダメだ」とあきらめるか、
再び立ち上がり、ほこりを払って進み続けるか、
再び立ち上がるほうを選ぶ人は、
人生の望みをより多くかなえることができるだろう。 
2006-07-27 width=22
自分にとって何がほんとうに大切かが
よくわかっている人は、逆に言うと、
何があまり大切でないかもわかっている人です。

必要ならば余分なものを捨てて、
思い切りのいい人生を歩むことができる人です。

何がほんとうに大切かを知り、それ以外のものは、
思い切りよく捨てることができる、
実はこれが、しあわせになるための近道の一つです。 
2006-07-26 width=22
人を育てるのには、
褒めるのがいいのか、叱るのがいいのか、
といったことは、それだけを取り出して、
どちらが正しいかを論じる問題ではない。

コンビニやファミリー・レストランのマニュアルに
なるような問題とは根本的に違うのである。
すべてケース・バイ・ケース。

あらゆる場面で、自分で考え、
自分で判断しなければならないのである。 
2006-07-25 width=22パートナーが質問をなげかける。
「今日の調子はどうだった?」
ここで、ふたつの答えがある。

「結構、稼いだわ。でも、最悪の1日だった。
 ずっと客の苦情を聞かされっぱなし。一番優秀な販売員は
 辞めてしまうし、行列ができているのに、レジも故障して
 しまったの。ちょっと、お酒を注いでよ!」(略)

もうひとつの答え方を見てみよう。
「一日中、客の苦情を聞かされて、いちばん優秀は販売員は
 辞めてしまって、行列ができているのにレジが故障して
 しまったの。でも、いつもより売上が500ドル多かったのよ。
 乾杯しましょうよ!」

このふたつの答え方の違いは「でも」の位置だけだ。
出来事のネガティブな面とポジティブな面のどちらかを
強調するかは、「でも」をどこに挿入するかに
大きくかかっている。 
2006-07-24 width=22
明日の朝、
最高の「おはよう」を言おう。 
2006-07-23 width=22人というのは、
「この人はこういう人なんだ」
「自分はこうなんだ」
と決めたがるものである。

人には、考えることをできるだけ節約しようとする
傾向があるので、これを一概に批判することはできない。
けれども、そんなふうに考えが固まってしまうと、
やはり柔軟性に欠けてします。 (略)

人の性格、自分の性格についても、
固定化しないで、いま一度、
人間関係の中に置いて吟味してみることを
したいものである。 
2006-07-22 width=22世の中には死のことなど考えたくもない、
生きているうちは、生を謳歌することだけ考えれば
いいではないかと思う人もいるでしょう。
しかしそれは違います。

生と死は別々のものではなく、
2つセットになっているので、
一方だけを考えて、一方には知らんぷりという
ことはできないのです。(略)

生と死は共存しているので、
死のことを考えずして、
生のことがわかるはずがないのです。
ちょうど、太陽があたった昼間の地球だけを見て、
地球が語れないのと同じです。 
2006-07-21 width=22ある哲学者がこう言いました。(略)

その言葉とは、
「自分の脳力がどんなものであれ、
 それを活用できないのなら、
 その脳力は無いに等しい」
というものです。

この脳力とは、もちろん、
人間だけが持っている「考える力」です。
よろしいですか?
「使えなければ、無いのと同じ」なのです。
  
2006-07-20 width=22人にあやまるという行為は
まったく無害であるように見えますが、
あやまるときでさえ、慎重でなければならないのです。
あやまり方一つで、
問題を悪化させてしまうこともあるからです。(略)

相手に害を加えたことに対して謝罪したり
罪の償いをするのに、何らかの思惑があるのだとしたら、
そんなものは償いとはいえません。
自分の利害しか考えていないのですから。

不純な動機で償いをするのは、
何の値打ちもないのはもちろん、
ほんとうに愚かな行為です。 
2006-07-19 width=22皮肉なことに、
何かを一生懸命がんばっている人ほど、
一緒にいる相手を疲れさせる傾向がみられるようです。

もちろん一生懸命がんばっている人がすべて
疲れさせるわけではありません。

人を疲れさせるか、疲れさせないかの違いを
簡単に述べるならば、
「無理やり早歩きをしてがんばる」か、
「自分のペースでがんばる」か、
ということになるでしょうか。

つまり、がんばる姿勢に違いがあるのです。
無理やり早歩きをしてがんばるほうが、
周囲を疲れさせることは容易に想像できるでしょう。 
2006-07-18 width=22人生にとって、おそらく最大の敵は「自分自身」である。
私が「メンタル・バリアー」とよんでいる「心の障壁」が、
私たちの飛躍をはばんでいることに多くの人が気づいていない。
人間の成功をはばんでいるのは、友人でも家族でもない。
自分自身である。

私が指導するツアープロの限界は、
「自分はこの程度のゴルファーだ」と
決めつけてしまうことにある。
それが「シード権とは無縁の2流のプロゴルファー」
にしてしまっている。
とても残念なことである。

過去の実績だけで、自分の未来を勝手に決めつけてしまう。
思い込みが潜在能力の扉を閉ざして、
飛躍するチャンスを奪ってしまっている。
本当に残念なことである。 
2006-07-17 width=22
疲れているときは、いつもの積極的な態度、
希望、感性、感情、思考、行動が逆転して
消極的に変わってしまうものだ。

そこで休息をとり、
良好な健康状態を取り戻せば、
もとの積極的な態度を取り戻すことができる。

疲労は、あなたの中の最悪の部分を
表に出してしまう。 
2006-07-16 width=22
たいていの場合、
わたしたちは目の前に理想的な道が
あらわれるのを待って日々を過ごしています。

道は待つことではなく、
歩くことによってできる、
という事実を忘れているのです。 
2006-07-15 width=22
扉がひとつ閉まるたび、
もうひとつの扉が開く。

だが、わたしたちは閉ざされた扉を
後悔に駆られてしげしげと見つめるあまり、
開いた扉に気づかないことが多い。
 
2006-07-14 width=22
自分が許されたいと望むように、
相手を許す 
2006-07-13 width=22
人生につきを呼び込むとは、リスクを冒し、
居心地が悪くなったり、恐怖にすくんで
しまったりすることでも実行してみるということだ。
欲しいものを手に入れるために、
あなたはどんな苦しみに進んで耐えようとするだろう。(略)

目標実現のために進んで努力する支えになる価値を
はっきりつかむために、次の文章を完成させて
少なくとも5つ〈運をつくりだすノート※〉に記入しよう。

わたしは(…………)をとても大切に思っている。
だから喜んで(…………)する。


※この本では、運をつくりだすノートを一冊準備して、
 そのノートに書き込むことをすすめている。 
2006-07-12 width=22
心理カウンセラーの多くは、否定的な言葉は
「愛してる」という言葉の100倍、200倍の威力で
相手の心を蝕むと断言します。

仮に意中の人から「しばらく距離をおきたい」
「自分の気持ちが分からなくなった」と言われたショックと
「好きだ」と言われた嬉しさを天秤にかけると、
ショックの方が、はるかに深く、人の心に入り込み、
感情をかき乱すことに気付くでしょう。

人はどんなに気の合う相手でも、いったん疑われ、
煙たがれ、否定されると、後で謝罪しても
プラスマイナス、ゼロにはなりにくいのです。
まして、それが好意を抱く相手によるものであれば、
愛情にたちまちひびが入り、2人の関係は壊れてしまいます。 
2006-07-11 width=22
相手の「現実」や「真実」は、
自分の心のなかで組み立てられた
「現実」や「真実」とは異なります。

「現実」や「真実」を組み立てる、
あるいは理解する方法は人によって
違っているのです。

そこに相違が存在するということは、
ごく当たり前のことなのです。 
2006-07-10 width=22
人とかかわる際に、いくつかやっては
いけないことがあると思うのです。

それは、“意味”の深読みをしてしまうこと、
“意味”のない所にこちら側の勝手な“意味”を
付け加えてしまうこと、
“意味”の「理解」を自分の仕事の目的として
しまうことです。(略)

人の言葉や行動なんてものは、それこそなんの
“深い意味”もない場合だって多いのです。 
2006-07-09 width=22常識に沿って夢を諦めるか、それとも、
想像力をはばたかせて夢に挑戦するか。
不可能と思えることに挑戦してみるか、
それとも尻込みしてしまうか。

このどちらかの決める段階で、
すでにあなたの夢が実現するかしないかは
決まっていると言ってもいい。

そのどちらの道を選ぶか、
それを決めるのはあなた自身だ。
夢を実現するためには、
断固たる決断をする必要がある。

夢を実現する人は、
「何かにつけて口実を見つけ、リスクを避ける」
ことなど絶対にしない。
いつでも全力を投入し、想像力の全てを注ぎ込んで、
夢を実現しようとする。 
2006-07-08 width=22競争社会では、ほとんどの人が負けの連続である。
常勝できる人間は、ほんの一握り。

たとえば、
テニスのウィンブルドンの男子シングルスで、
負けることなく会場をあとにできるのは、
たった1人のプレーヤーだけ。
残りの127人遅かれ、早かれ、
負けて会場を去る運命にある。

負けることより勝つことが多かったから、
人生なんて面白くない。
チャンピオンが一人しかいないから、
頑張ろうという気になるのである。 
2006-07-07 width=22その目的が達成された時だけが、
つまり自分の意図した通りになった時だけが、
自分にとって幸せなんだ、
自分の思い通りになった時だけが価値があるんだ
と思うのは、どうかということなんです。

自分の作ったそういう物差しにとらわれていく限り、
自分の人生を、そのための手段や道具のように
してしまうのではないでしょうか?

人生というのは、生まれてきてよかったなあ、
生きていてよかったなあ、
生きてるなあってことを、
本当に実感する、そのこと自身が、
「人生の目的」だということ。

人生は何かのためだけにあると思ってしまったら、
かえって自分で自分を苦しめるのはないかと思って
そんな話をしたんです。 
2006-07-06 width=22
優れた人、成功した人のひとつの特徴は、
つまらないものからでも、
必ず教訓を導き出しているということ。

一方、成功できないでいる人を見ていると、
いろいろなチャンスがあっても
見逃してしまって、何もつかめないでいる。 
2006-07-05 width=22努力したら必ず報いられると思っているから腹が立つ。
現実には、努力したって人は認めてくれない、
と思っていたほうがいいのである。

実際、努力したって給料がそんなに簡単に上がるわけもない。
そう思っておけば、給料が上がらなくても、認められなくても、
腹が立たないから気分は落ち着いてくる。
逆にそう思っているのに、給料が上がったり、
人からほめられたら二重にうれしくなる。

最初から努力したら認められるものだと思っていると、
ほめられてもそれが当たり前になってしまうから、
今度はほめられなかったらすごく腹が立ったり、
落胆しないといけない。 
2006-07-04 width=22経験には、「いい結果」「悪い結果」がある。
それを積むことによっていろいろな方法論というか、
選択肢も増えてきた。

しかし、一方では、
経験を積んで選択肢が増えている分だけ、
怖いとか、不安だとか、
そういう気持ちも増やしてきている。

考える材料が増えるほど
「これと似たようなことを前にやって
 失敗してしまった」
というマイナス面も大きく膨らんで
自分の思考を縛ることになる。

そういうマイナス面に打ち勝てる理性、
自分自身をコントロールする力を同時に
成長させていかないと、
経験を活かし切るのは難しくなってしまう。 
2006-07-03 width=22
まちがいが許されないような社風を
つくってはいけない。

そんなことでは、
あえてリスクを引き受けたり、
突破口を切りひらいたりする経験もできない。 
2006-07-02 width=22
自分の間違いを認めても、
価値が下がるわけではない。 
2006-07-01 width=22
あなたは気がついていますか?
あなたの生き方を選ぶのは、
あなた自身です。

肝心なのは、そのことを
知っているかどうか。