width=10
ことば探し
★私は自信ある人間になろうと、たった今から決心した★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02571587

■「今日のことば」カレンダー 2005年7月■
2017年 : 1 2 3 4 5 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2005-07-31 width=22いろいろな人に
いろいろな話しをした分だけ、
いろいろなことが起こる。

「自分の夢」というとちょっとおおげさですが、
要は自分が興味を持っていることや
好きなことなどを、
「私はこういうことを考えています」と
みんなに教えておくのです。

これが何もしゃべらないでいると、
回りは気づかないわけですから、
何も起きないだけではなく、本当は、
あなたのところにくるはずだった有益な
何かも、決してやってこないのです。 
2005-07-30 width=22
自分が理解していないものは、
人に伝えられない。 
2005-07-29 width=22
「他人にどう思われるか」より
「尊敬する○○さんは認めてくれるだろうか」

あなたがもっとも尊敬している人たちから
認められることを目標にする。
 
2005-07-28 width=22
言いたいことは
一度にひとつ。 
2005-07-27 width=22いやなことは、
先延ばしにすればするほど、
もっといやなことになる。

やってみると、すぐ終わる。


 
2005-07-26 width=22自分を大切にする人は、
人を大切にします。

自分を粗末にする人は、
人を粗末にします。

自分を愛する人は、
人を愛することができます。

自分が嫌いな人は、
人にグチばかりこぼします。

自分を好きな人は、
自分を伸ばします。 
2005-07-25 width=22わたしたちはしばしば、考えることによって、
なんとか落ち込んだ気分から
抜け出そうとするものなのだ。

気分が落ち込み、知恵も常識も
働かなくなっているときに限って、
問題を緊急に解決しなければとあせってしまう。

自分や他人のあらを探し出そうとしたり、
重大な決定を下そうとする。
つきつめて考えようとする。(略)

こんなとき、気分が低調であることに気づき、
自分がゆがんだ目で人生を眺めているのではないかと
疑ってみるだけで、
前向きに生きられるようになるのである。

気持ちが上向きになりさえすれば、
緊急事態に見えた問題もたいした
問題ではなかったことがわかるのだ。 
2005-07-24 width=22奥さんから離婚届を突きつけられて、
そんなに思っていたのだったら、
もっと早く言ってくれればよかったのにと
途方にくれている男性の話を耳にしますが、
もっと早い時期には、
奥さんの話など聞けなかったのでしょう。

人は、よほどのことがないかぎり、
相手の話を聞きません。

そして、たいていは、よほどのことが
起こってからでは遅すぎるのです。 
2005-07-23 width=22必要なことを
必要なときに
必要なだけ
必要な方法で

これは話し方の原則である。

言うべきときにいい、
言ってはいけないときに黙る、
ということは必要最低限
守らねばならない話し方の原則である。 
2005-07-22 width=22物事は大目に見るようにしなさい。
あなたには何ら害を及ぼさないような
態度や言動については、
とやかく言わないことだ。

見ていてイライラするかもしれないが、
そのようなことについて
何か言わなければならないなどと
思ってはいけない。

ただちょっと肩をすくめて
忘れてしまうことである。 
2005-07-21 width=22お互いに、すぐにわかったような気になると、
かえって人間関係がうまくいかなくなります。

むしろ、
「人と人とは、そんなに簡単に
 分わかり合えない」と
いうことを前提に人とつきあうほうが、
実際的だと思います。
 
2005-07-20 width=22問題が起こる前から、
気に病むのはやめにしよう。

そんなことをするのは、
バッターボックスに立つ前に、すでに
ツー・ストライクをとられてしまっている
打者みたいなものだ。

人間関係に困難さはないとする考え方は、
もちろんあまりにナイーブすぎるが、
何か問題が起きれば、その時はその時で、
それに対処する時間は十分ある。

問題が起こる前から気に病んだりしていると、
往々にして自分のほうで問題を
つくりだしてしまうことにもなりかねない。
 
2005-07-19 width=22うそは、本当の意味で人を動かさない。
人はそれほど愚かではない。

仮にうそで、相手が自分の思うように
動いたとしたらどうだろう?

相手が愚かしく
見えるのではないだろうか。

偽りで結果が出せたとしても、
出せば出すほど、
自分の術中にはまった相手が
愚かしく見える。 
2005-07-18 width=22安心感だけが人を動かします。

人を責めたり、裁いたり、
評価したり、批判するのは、
あなたの仕事ではありません。

いずれにしろ、それらによって、
相手を変えることはできません。

だれもあなたの期待に添うために
生まれてきているのではないのですから。

人に変化を強要しても、ただ、
反感を買うだけです。

それが、どんなに正しくて、
相手にとって、
いいと思われることであっても。 
2005-07-17 width=22人間は だれでも欠点がある
 その欠点を見て 自分に40点をつけると
 40点のような気分になって
 40点のような行動をするから
 40点の人生を送ってしまう

自分は40点だ と思い込んでいると
 いくら努力しても
 40点を50点にするのは不可能だ

自分に100点満点をつけよう
 自分は40点だな と思っていても
 無理をして100点満点をつけていると
 自然に自分の古い殻が破れて、
 新しい自分に変わる 
2005-07-16 width=22今日の世界の最悪の病気は、
結核でもハンセン病でもありません。

それは
“自分はこの世にいてもいなくていい”と
感じる精神的貧困と孤独です。 
2005-07-15 width=22ある偉大な研究家は、
ある重大な問題に対する答えに
200回の「失敗」のあとで、
ようやくたどり着きました。

「これだけの失敗をして挫けませんでしたか?」
と聞かれて、彼はこう答えました。

「失敗したことはありません。
 役に立たない200の方法を
 発見しただけです」
 
2005-07-14 width=22
わがままは、
やることをやっている人にだけ
許される。 
2005-07-13 width=22十人十色のものの見方がある中で、
自分が話す意味、
他の人が聞く意味がある話をするためには、
自分なりの「決め」がいる。

その「決め」が的確で
かつ個性的であるほど、
聞く人は意味を感じる。(略)

「決め」がないほど、
話は意味がなく、そして、
あたりさわりのないものになる。 
2005-07-12 width=22描いたものを人は生きる。

「何とかなるさ」という人は、
「何となる」というものを描き、
何となる人生をつかみ取り、

「どうせ俺はだめだ」と思う人は
しょぼくれて、活気のない自分の未来を描き、
「だめだ」という実体を自分のものに
していくのです。

「俺は何も描いてない」という人は、
「何もない」という空白を描いていますから、
その見つめる瞳はぼんやりと霧の中、
やがて空虚な人生を自分のものに
していくことになります。 
2005-07-11 width=22自分のみにくさ、傷口から
目をそむけず、
自分にみにくさがあること、
自分が傷ついていることを、
認めることができる人はまた、

他人のみにくさ、
傷口からも目を背けないで
いられる人である。 
2005-07-10 width=22ある年、台風のために、
収穫を目前にして多くのリンゴが
落ちてしまいました。

落ちたリンゴはジュースぐらいにしか
使えないと嘆いている農夫のかたわらで、
もう一方の農夫は、
木に残っているリンゴを丁寧に育て上げ、

「落ちないリンゴ」と銘打ち、
受験生に向けて売り出したところ、
爆発的な人気を呼びました。

このように、
失ったものを補って余りあるような
対応をすることもできるのです。 
2005-07-09 width=22「今抱えている問題がなくなったら
 心が軽くなって幸せになれる」
という考え方は非合理的です。

この世界で生きていて、
問題がゼロになることなどありません。

それよりは、
問題の10や20抱えていても、
楽しくて幸せでいられるという
考え方のほうが現実的で、合理的です。 
2005-07-08 width=22あなたの愛する人の気に入っているところを
口に出して言ってあげよう。(略)

愛する人の好きなところを言ってあげることは、
実はあなた自身のためにもなるのである。

好きなところを言ってもらったことで、
彼や彼女は自分のそういう面を
きっと大切にするだろう。
つまりあなたは、彼や彼女のそういう面を
ますます伸ばしてやることになるのだ。

年齢にかかわらず、人は注目されている
性質を伸ばそうとするものだ。

愛する人に好きなところを言ってあげることは、
嫌いなことを指摘するよりも
ずっといいことなのである。 
2005-07-07 width=22癒されない傷があったとしても、
自分なりの生き方はできます。

大きなケガをした人が治っても、
ときどき痛むように、
つらい体験が甦って心が
うずくかもしれません。
だけど、人間はそれ以上の力で
生きていけるのです。

私たちは何もつらいことがなく、
人生、楽しく生きていければいいと思います。

しかし、それは私たちにとって
決していいことではありません。
つらさや悲しみ、苦しみを感じるからこそ、
人に共感することができるのです。

痛い体験をしたからこそ、
慎重になることを覚えるのです。

見方を変えれば、つらい体験もまた
人生のなかで意味を持っているのです。 
2005-07-06 width=22「人見るもよし、人見ざるもよし、
 我は咲くなり」
という言葉がございます。

一生の間には、人さまが見てくださる
時期もあります。
一年の間にも、一日の間にも、
人さまが見てくださる時期もあります。

でも、人から捨ておかれ、無視されて、
淋しく咲かないといけない時期もあります。
その時にも同じに咲く。

人さまが見てくださったらたしかに
もっと生き生き咲くかも知れません。
しかしながら、人さまが
見ていらっしゃらないから咲かないのではなくて、
「人見ざるもよし」。

人さまが見てくださらなくてもかまわない、
「我は咲くなり」。

私はこの「我は咲くなり」という言葉が
とっても好きです。
そして、人も“咲いて”ほしいと思います。 
2005-07-05 width=22自分の価値は
失敗や成功で決まると考える人は、

いつかきっと
自分は役立たずだと感じるだろう。 
2005-07-04 width=22自分がこうなったのは環境が悪いからだ、
と文句ばかり言う人がいる。

私は環境なんて信用しない。
この世間でりっぱにやっている人物は、
自分から立ち上がって
望むような環境を探したか、

あるいはもしそういう環境が
見つからなければ自分で
つくり出したという人たちなのだ。
 
2005-07-03 width=22友人知己の多い人ほど、多忙で
自己の充実した時間を持てない人が多いのです。
仕込みの時間が持てない人は
いずれ空っぽになります。(略)

「友だちが多くていいわねぇ、うらやましい」
と言われ、友人知己が多ければ多いほど、
賑やかで楽しいこともありますが、
対人関係の感情的な争いや
批判、悪口、陰口、嫉妬、ひがみ、わずらわしさ等、
厄介事、相談事、事件もまた、
人数分増えるということです。
 
2005-07-02 width=22理由ははっきりとはわからないが、
なんか気持ちがもやもやする。
そういう思いをした経験はないだろうか。

もし、そんな気持ちになったら、
まず自分にこう問いかけてみる。

「自分のいまの本当の気持ちはどうなんだろう。
 落ち込んでいるのか、
 いらいらしているのか、
 不安なのか。
 それとも誰かほかの人に対して
 怒りを感じているのか、
 なんらかのストレスを感じているのか」

そういう具合に自分に問いかけてみる。
そして、いまの自分にぴったりした答えが
出てくるまで待つ。(略)

すると、いまの自分の気持ちが
はっきり見えてくるようになる。
 
2005-07-01 width=22私たちの体内には、どれくらいの
血液が存在するかご存じですか?

一般的には、
体重の約13分の1と言われています。
つまり体重50kgの人なら約4kg、
つまり4リットルの血液が体内に
常時流れていることになります。

ちなみに、心臓を出た血液は
約1分間で全身をめぐって、
心臓に帰ってきます。