width=10
ことば探し
★私の人生は順風満帆です★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年1日23日
「謝る力」が器を決める
2020年1日22日
論理的なコトバの使い方&文章術
2020年1日21日
男を理解できない女 女がわからない男
2020年1日20日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2020年1日17日
人間関係と人生にキレない方法
2020年1日16日
死ぬときに後悔すること25
2020年1日15日
バナナを逆からむいてみたら ー 人生の視点を変えるレッスン
2020年1日14日
やってみなさいダメモトで!
2020年1日9日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2020年1日8日
いつやるか? 今でしょ!
2020年1日7日
履歴書には書けへんけどじつは一番大事なのは人間力や!
2019年12日27日
目に見えないけれど大切なもの
2019年12日26日
迷ったときこそ、続けなさい!
2019年12日25日
頭の決まりの壊し方
2019年12日23日
7つの習慣 原則中心のリーダーシップ
2019年12日20日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2019年12日19日
こころがホッとするセラピーブック
2019年12日16日
生きるために大切なこと
2019年12日13日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年12日12日
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社
2019年12日11日
こうして死ねたら悔いはない
2019年12日9日
あした死ぬかもよ?
2019年12日6日
結婚における七つの大嘘
2019年12日4日
人生にはいらない人間関係がいっぱいある
2019年12日3日
ああ面白かったと言って死にたい
2019年12日2日
やっぱり、「自分が変わる」を選ばなきゃ!
2019年11日29日
自分の「性格説明書」9つのタイプ
2019年11日28日
ネガティブのすすめ
2019年11日27日
男が老化しない生き方
2019年11日26日
「自分を変えたい」人の心理学
 
1 2 3 4 
 
2019年9月11日
タイトル 不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
著者 メッテ ノルガード (著), Mette Norgaard (原著)
出版社 三笠書房 (2007/11)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

アンデルセンの故郷デンマークで育ち、現在はニューヨークで
ビジネスコーチ、コンサルタントとして活躍している著者が、
「みにくいアヒルの子」「コガネムシ」「ナイチンゲール」の
3つの物語から、仕事や生きるヒントを教えてくれる本。
そして、それぞれ最後に、翻訳者の柴田昌治さんのポイント
解説が書かれています。
(※柴田 昌治さんは、「なぜ社員はやる気をなくしているのか」
  書かれている方です)

著者は、ナイチンゲールの話の後に、
「ナイチンゲールのような「生まれ持った才能」は、誰にでも
 あるはずです。しかし、実際に
 「自分の才能を活かす道を進もう」という勇気は、
 誰にでもあるものではありません。
 その勇気を持って、一歩踏み出すだけで、あなたは、
 輝くような素敵な人生を送ることができるのです」

と、言っています。

アンデルセンの物語の中には、「人間の姿を生々しく伝える
深い真理」が潜んでいるので、読み古された子ども向けの話では
なく、大人になってから読み返してみるといい本だということです。


私も、久しぶりに「みにくいアヒルの子」「コガネムシ」
「ナイチンゲール」の物語を読み、もう一度アンデルセンを
読んでみようという気持ちになりました。深さを感じながら。
この本には、この3つの物語も書かれているので、懐かしさを
感じつつ、読んでみるといいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
みにくいアヒルの子は、 自分はみじめなアヒルだと信じ込んでいます。 逃げ出したアヒルの子に驚いて、 何かがあるとすぐに、自分に能力や才能がないせいだ、と、 自分を過小評価して、卑下して、自分を抑えこん 2017-06-06
わたしが知っている高木さんという若手ビジネスマンは、 IT系のコンサルタント会社に勤めるエンジニアで さらに、こんなことも書かれています。 「普通に頭のいい人は、制約条件の範囲内に自分を収めようとしま 2014-07-18
「今、忙しくて…」と言っていたりしませんか。 これは怖い言葉です。 「主体性をもって考える」習慣を 「忙しい、忙しい…」 「忙しくて、ゆっくり時間もとれない」 いつもそう言っている人がいます。 まるで 2014-07-15




『おすすめ本の紹介』