width=10
ことば探し
★どんな状況にあっても、自分らしさを活かしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年9日20日
腸で変わる! 病気にならない、50代からの生活習慣
2019年9日17日
ココロの筋トレ~ストレスをエネルギーに変えるトレーニング
2019年9日13日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2019年9日12日
「悩み上手」「悩み下手」
2019年9日11日
不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
2019年9日10日
平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本
2019年9日9日
なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか
2019年9日5日
成長するものだけが生き残る
2019年9日4日
1日1践!かんたん「自己暗示」で一生が変わる
2019年9日3日
素直な自分表現アサーティブ
2019年9日2日
人生がときめく片づけの魔法
2019年8日30日
本当は脳に悪い習慣、やっぱり脳にいい習慣
2019年8日29日
脳力開発マップのススメ
2019年8日28日
あなたの脳は一生あきらめない!
2019年8日27日
「感情シグナル」がわかる心理学
2019年8日23日
人に振りまわされずに生きる13の法則
2019年8日22日
会話が弾むのは、どっち!?
2019年8日21日
怒りのセルフコントロール
2019年8日20日
「感情の整理」が上手い人の70の技術
2019年8日19日
男と女のすれ違いはなぜ起こる?
2019年8日9日
100万人が癒された愛と結婚のカタチ
2019年8日8日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年8日7日
なぜ「粗食」が体にいいのか
2019年8日6日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2019年8日5日
比較は不幸のはじまり
2019年8日2日
頭のそうじ 心のそうじ
2019年8日1日
人生の宝物はあなたの心を掃除したとき見つかる
2019年7日31日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年7日30日
迷ったときこそ、続けなさい!
2019年7日29日
責めず、比べず、思い出さず
 
1 2 3 4 
 
2019年9月11日
タイトル 不思議なほどうまくいく人―アンデルセンが教えてくれる 「できる人」が考えていること、「できない人」が見逃していること
著者 メッテ ノルガード (著), Mette Norgaard (原著)
出版社 三笠書房 (2007/11)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

アンデルセンの故郷デンマークで育ち、現在はニューヨークで
ビジネスコーチ、コンサルタントとして活躍している著者が、
「みにくいアヒルの子」「コガネムシ」「ナイチンゲール」の
3つの物語から、仕事や生きるヒントを教えてくれる本。
そして、それぞれ最後に、翻訳者の柴田昌治さんのポイント
解説が書かれています。
(※柴田 昌治さんは、「なぜ社員はやる気をなくしているのか」
  書かれている方です)

著者は、ナイチンゲールの話の後に、
「ナイチンゲールのような「生まれ持った才能」は、誰にでも
 あるはずです。しかし、実際に
 「自分の才能を活かす道を進もう」という勇気は、
 誰にでもあるものではありません。
 その勇気を持って、一歩踏み出すだけで、あなたは、
 輝くような素敵な人生を送ることができるのです」

と、言っています。

アンデルセンの物語の中には、「人間の姿を生々しく伝える
深い真理」が潜んでいるので、読み古された子ども向けの話では
なく、大人になってから読み返してみるといい本だということです。


私も、久しぶりに「みにくいアヒルの子」「コガネムシ」
「ナイチンゲール」の物語を読み、もう一度アンデルセンを
読んでみようという気持ちになりました。深さを感じながら。
この本には、この3つの物語も書かれているので、懐かしさを
感じつつ、読んでみるといいと思います。

この本からのことば 感想 掲載日
みにくいアヒルの子は、 自分はみじめなアヒルだと信じ込んでいます。 逃げ出したアヒルの子に驚いて、 何かがあるとすぐに、自分に能力や才能がないせいだ、と、 自分を過小評価して、卑下して、自分を抑えこん 2017-06-06
わたしが知っている高木さんという若手ビジネスマンは、 IT系のコンサルタント会社に勤めるエンジニアで さらに、こんなことも書かれています。 「普通に頭のいい人は、制約条件の範囲内に自分を収めようとしま 2014-07-18
「今、忙しくて…」と言っていたりしませんか。 これは怖い言葉です。 「主体性をもって考える」習慣を 「忙しい、忙しい…」 「忙しくて、ゆっくり時間もとれない」 いつもそう言っている人がいます。 まるで 2014-07-15




『おすすめ本の紹介』