width=10
ことば探し
★私は、○○をあるがままの姿で受け入れます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03937961

■2021年02月26日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

本格的な選挙活動に入り、
協力をお願いするときには、
相手の反応や国の規模、経済力などに関係なく、
ミツは常に同じ問いかけをした。

「あなたのお国について、直面している課題、
 抱えている問題、国連のなかでのポジショニング、
 日本との関係での問題点などについて
 お話をお聞かせいただけますか?」

すると、どの国の外交官も、
喜んでとうとうと語り始める。
自分の国のことを気かれて、
嬉しくない外交官はいない。
すると、30分後には、例外なく
ミツに話を向けてくる。


「私は、すべてをお話いたしました。
 次は、日本の立場について木全公使の
 ご意見をお聞かせください」

今度は乾いた海綿が水を求めるように、
ミツの話に耳を傾けようとしてくれる。
ここで、それ来たとばかりに、こちらの主張を
浴びせかけるようなことはしない。

落ち着いて静かな声で、簡潔に、
日本の立場、何故に日本が立候補したのか、
この分野で日本は国際社会でどのように力を発揮し、
貢献をしていこうと考えているかなどをについて、
5分か10分で具体的に説明する。
これに耳を傾けてくれる相手国は、
120%こちらの意向を正確に理解し、
投票を約束してくれた。


出典元 無名の偉人・木全ミツの仕事 仕事は「行動(やったこと)」がすべて
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 伊藤 彩子

まゆの感想
国連大使に任命されたミツさんは、
臆することなくどんな国ともコンタクトをとり、
偏見を持たず、相手国の事情に耳を傾け、
利害関係や資金援助を越えた、
打算のない友情を築いていったそうです。

その結果すごいことに、3年間の赴任で、
選挙は4回程度の当選が常識とされるなか、
関わった11回の選挙のすべてで
当選をはたしたそうです。
(そんなに選挙があるのですね…)

ミツさんが公使として赴任した当時、
「え、日本がアジアのリーダー国ですって?
 我々アジアの国々でそう思っている者はいない」
「日本人は外国人の友だちをまったく
 つくろうしない。自分たちのことしか考えない、
 自己中心的な人々だ」
「日本人高官がうちのオフィスを来訪されたのは
 あなたが初めてだ」
などとと言われたそうですが、
そんな中で、地道に信頼関係を
つくっていったということです。

昨今、女性差別蔑視発言などもありましたが、
緒方 貞子さんやミツさんのように、
日本の国際的な立場を高めてくれた
たくさんの女性たちが確かにいます。
また、現在も多くの方々が活躍しておられます。

男性の交渉力や決断力もすごいと思いますが、
女性たちの細やかなコミュニケーション力
持続力、しなやかな交渉力、カバー力なども、
相当すごく、魅力的だと思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから