width=10
ことば探し
★私は、他者を思い通りにしようとするこそくな人間ではありません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03909454

■2020年11月17日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

マシという考え方は、
基本的にゆっくりしています。

たとえば
「いくらかマシ」という言い方です。
風邪を引いた人が今日の様子を訊かれて
「昨日よりいくらかマシかな」
と答えます。

そう答えることで
「少しは良くなっている」
と自分に言い聞かせたり、
「明日は治るだろう」
と元気づける効果があります。
ゆっくりしたペースでも、いい方向に
進んでいるのだから喜んでいいのです。


マシを拒めばどうなるでしょうか?
「まだ治ってない!」
で終わらせてしまえば、
イライラするだけです。
せっかくいい方向に進んでいるのに、
その芽を自分でつぶしてしまうことに
なります。


出典元 もうちょっと「雑」に生きてみないか
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 和田秀樹

まゆの感想
具体的にこんなことがあるそうです。

「マシでは満足できないのは、
 いまだけをみているせいもあります。
 「いまがすべて」と考えると、
 いま50%なら全然、ダメなのです。 
 でも、以前よりマシと考えれば、
 半分できるようになったということです。

 「いまがすべて」と考えている限り、
 70%になっても90%になっても
 「まだダメ」で終わってしまいます。

 たとえば、
 「手抜きするぐらいならやらないほうがマシだ」
 「こんな実績ならゼロのほうがマシだ」
 と、オール・オア・ナッシングの考え方は
 極端だと思います。
 
 わたしたち精神科医にとっても、
 少しずつ良くなっているのに
 それを認めようとしない患者さんの
 扱いがいちばん難しいのです」
 

少しでも、ゆっくりでも、
マシになったことは、
「わーい!、少しマシになった〜」
と素直に受け入れ、それを、
自分の中で感じてもいいと思います。
少しでもマシになれば、いいことですし、
気持ちも楽になりますから。

少しのマシではがまんできない方も
おられると思いますが、
完璧な状態にならないと認めない、
よくなっと思わないとマシを拒否していると、
イライラや辛い状態が長く続くように思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから