width=10
ことば探し
★私は、金払いのいい人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03909457

■2020年10月28日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ひたすら歩くことで移動するアリは、
「連続性」や「つながり」
つまり論理を重視します。

時に「ジャンプする」キリギリスは
必ずしも論理だけでなく、「論理の飛躍」も
恐れず併せて直感を駆使するのです。


このように、意思決定の判断材料は
アリとキリギリスの間では決定的に異なりますが、
川上の意思決定に川下の論理を持ち込んで、
いつでもたっても新しいことが始められないと
いう事態は、さまざまな組織で見られる
アリとキリギリスの対立構図です。

「周到な準備をすれば必ずよい結果がでる」
とアリが考えるのに対して、キリギリスは
「結局はやってみなきゃわからない」
と考えるのです。

そもそも「成功」と「失敗」を完全に分けて
考えること自体がアリの発想です。
キリギリスにとっては、いずれも、
チャレンジの過程でしかないのです。


出典元 アリさんとキリギリス
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 細谷 功

まゆの感想
川上は、まだ「何もない」状態で、
未開発だったり、これからという状態で不安定。
反面、川下では、川下にいくほど、
ヒト、モノ、カネ、知識が蓄積されて、
安定感があるようです。

さらに、
アリは川下に生きているのですが、意思決定を
行うにも決定論の考え方に支配されており、
そこに必要なデータと論理、また一度うまくいった
ことは再現か可能であるが決定の前提。

反して、不確実性の高い川上に生きる
キリギリスの世界では、
「やってみなければわからない」という
確率論に支配された世界で、最低限必要なデータは
集めるものの、最終的にはやってみて判断する、
というのが、基本的な態度だといいます。

どちらが居心地がよいか、
どちらが決定するために大切と思うか、
もちろん、両方ということもあるでしょうが、
だいたい、どちらかに多少なりとも偏るようです。

私はどちらかな、と考えてみたら、
どちらかというとキリギリスかなあ、
と思いました(笑)
みなさまはどう思われましたか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから