width=10
ことば探し
★私は、一人でいるときにも、大いなる神(天)の愛を感じています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03871588

■2020年05月15日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

あるうつくしい夏の正午ごろのことです。
森の中はしんと静まりかえっていました。
小鳥たちは、動物たちも一休みしていました。
そんなときです。
アトリ(花鶏)が、ふと頭をもたげて聞きました。

「ねえ、生きているってどういうことかなあ?」
とてもむずかしい質問で、誰もがしんとして
考え込んでしまいました。


一輪のバラのつぼみが開きかけていました。
恥ずかしそうに一ひら、また一ひらと
花びらを開きはじめて受ける日光を
大喜びしていました。
「生きているって何かになることだと思うわ」
とバラは言いました。

蝶は考えごとが苦手です。
花から花へと元気に飛び回って、あっちもで
こっちでも、おいしい蜜をたっぷり吸ってました。
「生きているって楽しいよ。
 日がいっぱい当たってね」
と、蝶はいいました。

地面の上でアリがせっせと働いていました。
自分の体の十倍もの長さの藁くずを
えっちらこっちら運んでいました。
「生きているって、あくせく働くことだよ。
 汗だくになってしこしこ働く。
 緊張のしどうしさ」

生きているってどういうことか、
ガヤガヤと議論が始まりそうでしたが、
このとき、しとしとを雨が降りだしました。
雨は言いました。
「涙だよ。生きているってことは結局、
 涙につきるのさ」

森の上空に一羽のワシが大きく輪を
描いて舞ってました。
「生きているってことはね」
とワシは言いました。
「つねに高く、より高く舞うことだよ」

(下に続きます)


出典元 世界中から集めた深い知恵の話100
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 マーガレット シルフ (編集)

まゆの感想
(上からの続き)

夜になりました。
パーティ帰りの一人の男がよろよろと
通りかかりました。
「生きているってなあ、
 幸福を求めては失望する…
 まあ、その連続だな」
と男はつぶやきました。

長い、暗い夜の後に夜明けが訪れました。
東の地平線がほんのりと美しく、
輝きはじめました。
「生きているというのは、
 永遠の始まりなのさ…
 このわたしが新しい一日の
 始まりであるように」
と夜明けは言ったのです。
(スウェーデンの話)


生き方は、それぞれの立場、
環境、年代で違っているのでしょうね。
さて、今のみなさまなら、
どのように答えるでしょうか?

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから