width=10
ことば探し
★挑戦することを楽しんでいます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03817814

■2019年11月26日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ある母親が真剣な顔で次のように訴えた。

私は3人の子どもを平等に可愛がりたいと思って、
一生懸命に努力しているつもりなんですが、
なぜか長男にイライラすることが多くて、
ついついたたく回数が多くなってしまうのです。

寝顔を見ながら、
「今日はごめんね」と謝ることがよくあります。
でも、どうしたことか、あの子を長女や次男のように
素直に可愛がってやれないのです。
はっきり言って、あの子の顔つきや歩き方が嫌いなんです。
自分で産んだ子を、心から可愛がることができないなんて、
悲しくなります。

この母親の場合も、交流分析を通して、
過去と現在とが心の中でごっちゃになって、
まさに狆谿磴き瓩粉蕎霹娠をしていたことが
分かってきた。

彼女は、子どもの頃、よく兄からいじめられていたので、
彼に仕返ししてやりたい気持ちを常に抱いていた、という。
ところが、生まれてきた長男は、顔はもちろん、
身体の格好から歩き方まで兄そっくりだったのである。

そこで、彼女は兄と長男とを同一化し、
兄に対する憎しみを、知らず知らずのうちに、
わが子に出していたわけである。


これと似たことは、恋愛の場合にもよく起こる。
父親に愛着を抱いてきた女の子が結婚するとき、
父に似た男性を選ぶことは、我々の周囲でもよく見られる
同一化現象である。


出典元 人生を変える交流分析
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 池見 酉次郎、新里 里春、 杉田 峰康

まゆの感想
なんとなく虫が好かない、気に食わない、最初から嫌い、
とにかくあの人を見るとイライラする、
なんか理由もなく好き、このタイプが好き、
などなど、自分でもわからない感情ってありますよね。

交流分析は、自分を知るための方法のひとつですが、
この分析によって、自分でもわからない感情の原因を
知ることができることもあるとか。

そのひとつが同一化、という感情で、
例えば、上記事例のように、無意識のうちに、
兄と長男を同一化していて、どうしても可愛がれない、
などということもあれば、
ある人を見るとイライラするのは、
話し方が、母親(ないしは父親)によく似ているから、
なんてこともあるようです。

逆に、過去に何かいい思い出があり、
例えば、可愛がってもらった先生がいたなどがあると、
その先生に似た人が好きになる、同一化もあるようです。

すべてがそうだとは言えないと思いますが、
自分の今の感情は、何か思い出のようなものが、
影響しているのかも…しれませんね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから