width=10
ことば探し
★何かをし始めることで遅いことはなく、今から始めます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03808037

■2019年10月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

自分の愚かさも認めてあげよ。
(鎌倉時代の禅僧 道元)

誰にだっていただけないところはあります。
しかし、それは時と場合によって、
その人の大きな魅力になります。

たとえば、
会議で自分の意見を言えないことで悩んでいれば、
「それだけ周囲との調和を大切にしている証拠で、
 これも自分の魅力の1つだ」
と受け入れてしまうのです。
そうすれば、自分を責め立てることもなくなるだろうし、
不快感が身体の奥底から溶け出すのを痛感することでしょう。


出典元 悩みを「力」に変える100の言葉
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 植西 聰

まゆの感想
上記のことについて、こんな話が書かれていました。

「道元は、いっとき鎌倉に長期間滞在し、
 そこで庶民のために人生相談を行っていたことがありました。

 ある日、ひとりの武士が道元にこんな相談を
 もちかけたことがありました。
 「私は農民から年貢を取り立てなければならない立場に
  あるのですが、年貢をおさめられない農民がいると、
  可哀そうに思えてきて、ついつい「まあ、よい」と
  言ってしまうのです。
  そのため、上役から「だらしがない」と、
  いつも叱られています。
  そんな自分が情けなくてなりません」

 道元は、その武士に次のようにアドバイスしました。

 「あなたは大変素晴らしい方でいらっしゃいます。
  年貢をおさめられない農民を思い、取り立てを
  強要しないのは、他人を思いやる慈悲深さの証拠です。
  ですから自分を責め立てることはなどありません。
  むしろ、「これも自分の魅力」と、
  自分に言い聞かせてはどうでしょう」

自分の愚かさ、情けないところ、足りないところなど、
実感すると、「あ〜あ、やっぱり自分はダメダメだあ」
などと思いがちですが、そんな自分も受け止め、認め、
魅力として良い方に、向けていけるといいですね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから