width=10
ことば探し
★○○の仕事をするにあたって、どんどんアイディアがわいてきます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03808021

■2019年10月03日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「ご隠居さん、ここから、西へどこまでも、
 ずっーとまっすぐに行くてーと、いってぇ、
 どこへ行くもんでしょうかねえ?」
落語の中で、八つぁんが、
もの知りのご隠居さんに尋ねているシーンです。

隠居「それは、西の果てに行きつくな」
八 「その果ててえやつを乗り越えて、まだ、
   どんどん西へ行くってえと、どこへいきますかい?」
隠居「しまいには、底なしの谷にぶつかってな、
   そこから先へはもう行けない」
八 「その谷を、なんとか乗り越えて、どんどん
   西へ行くと、どうなりますかい?」
隠居「しまいには、高い塀があって、もう進めない」
八 「そこをなんとか乗り越えて、どんどん
   西へいくと、どうなるんで?」
隠居「うーん」

と、ご隠居さんは大いに弱ってしまいます。
なぜ、ご隠居さんが弱ってしまうかというと、
それは、素直に「解らない」と言えないからです。
なぜ、解らないと言えないかというと、
知らないと言うことは、「もの知り」の
沽券にかかわると思っているからです。

しかし、これは
落語の世界にかぎったことではないのです。
解らないことを解らないと素直に言えないヤカラは、
いい大人の世界にもいくらでもいるのです。

われわれ人間が、自分自身の能力の限界について、
謙虚に考慮をめぐらせば、むしろ知らないことの方が、
知っていることより、はるかに多いにことに
気がつくのではないでしょうか。(略)

あるがままに見て、
「自分は知らない」あるいは
「自分には解る能力がない」と理解したら、
素直に「解りません」という答えが出す方がよろしい。



出典元 小さなサトリ
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 無能 唱元

まゆの感想
この話を聞くと、笑ってしまうのですが、
「それについては、よく解らない、知らない」
と言えずに、知ったかぶりしてしまうところが、
私には、あります(汗)
そして、そんな自分に気がつくと、
この落語の話を思い出すのですね、
「ああ、ご隠居さんになってるな〜」と(苦笑)

もの知りと思われたいと思っているわけではないですが、
どこか、優位に立ちたいと思っているところがあるのでしょう。
そんな自分に気がつくと、自分がイヤになることがあるので、
イヤにならないようにしていこうと心がけているところです。

スマホを調べて、テレビを見て、本を読んで、
いろいろな情報を得て、知ったような気になりがちですが、
よくよく考えてみれば、そんなことでは、
知ったことにならないな、と思うので、
重々気をつけていこうとも思っています。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから