width=10
ことば探し
★私は、自分の素晴らしさを受け入れ、その素晴らしさを活かしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03777917

■2019年09月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

脳はいくつになっても成長できる。
脳科学の研究を通して、
このことを長年伝え続けてきた私ですが、そんな私でさえ
「脳はここまで成長できるのか!」
と痛感させられた出来事があります。

東京大田区にある機械メーカーの
社長Tさんの脳画像鑑定をしたときのことです。
Tさんは当時、御年80歳。

仕事一辺倒で生きてきたものの、
80歳を前に仕事以外のことをしてみようと、
77歳のときに社交ダンスと囲碁を習い始めたといいます。
実際に脳画像を拝見したところ、80歳とは思えないほど、
脳の神経ネットワークが活性化して発達していました。
新たに始めたダンスや囲碁が、彼の脳を活性化させていることは
容易に想像できましたが、年齢を感じさせない発達ぶりは、
見事というほかありません。

ところが驚かされたのはのその後です。
Tさんは社交ダンスや囲碁に加えて、今度は
「やったことのない音楽に挑戦してみたい」と
ドラムを習い始めます。
ご存じのように、ドラムは両手両足を別々に動かしながら、
譜面を見てリズムを刻むという、高度な動きを要求される楽器です。
この難易度の高い楽器を、Tさんは粘り強く1年間習い続けました。

その結果、なんと81歳のTさんの脳の神経ネットワークは、
脳の成長が著しい小学1年から小学2年にかけての1年間と
同じくらいの驚異的な成長を遂げていたのです。

一般的な常識をくつがえし、Tさんの脳が驚異的な成長を
遂げることができたのか、それはひとえに
「素直に学ぶ力」に優れていたから。
言い換えれば、「伝えられるものを謙虚に受け止める力」が
抜群に優れていたからではないかと思うのです。



出典元 脳科学が解き明かす人を動かす伝え方
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 加藤俊徳

まゆの感想
素直に学ぶということは、物事を余念を入れずに見て、
聞いて、理解するということであり、これは、まさに
脳を活性化し、鍛えることになるそうですが、
年を重ねると、自分は何でもわかっている、知っている、
という気になって、新しいことを受入れない人が多いそうです。
そうなると…脳の成長は、すっかり止まってしまい、
我関せずで、どんどん頑なになりがちだとか…
カチカチの固い脳になっていくんでしょうね。

先日ニュースで、定年退職した方々の、
特に男性の離職率が高い、ということが取り上げられていました。
例えば、定年後就職しても、自分より若い人に教わることが苦痛で
がまんできなかったり、女性の下で仕事することができなかったりして、
「こんな仕事やってられるか」となりがちなのだそうです。
それではダメだと、わかっていても、自分より若いとか、
女性というだけで、「話を聞く気にならない」という方もいました。
男性のプライドや昔の栄光が忘れられない、などのこともあり、
変化を受け入れられない、今の自分の立場を認められない、
こともあるのでしょうね。

これは、年配の人だけではなく、若い人でも同様で、
素直に学ぶことができない、新しいことに挑戦しない、自ら、
行動しない、などしていると脳の成長は止まるそうです。
もう年だ、などと言ってないで、
楽しめる何かにチャレンジしていきましょう〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから