width=10
ことば探し
★適度な運動を継続して、今のプロポーションを維持しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03777988

■2019年08月23日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「私は私、人は人」と思えていますか?

とても容姿に恵まれているのに、
「人と比べてダメだ」と思ってしまったり、
とても優秀なのに、勝手に相手の視点に立って
「(○○さん)はボクのことをダメだと思っている」
などと考え、まったく自信が持てない人がいます。
そういった人によくあるのが、
「自分と他人の間にある適切な壁の問題」です。

自分が自分であるために
「私は私、相手は相手」という適切な壁が人には必要です。
この壁がないと、人の感覚が次から次へと
流れ込んできてしまいます。

そして自分の視点ではなくて
他人の視点で物を見て、相手の感覚を勝手に感じ、
それで物事を判断してしまうのです。
だから「○○さんから見たらボクはダメだ!」と、
相手の目線で自分を低く評価してしまいます。
壁が低いと「○○さんと比べて私なんかかわいくない!」と
他者の視点から比較して卑下してしまうのです。


出典元 「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 大嶋 信頼

まゆの感想
大嶋さんは、さらに

「この「人と自分の間の壁が低い人」の特徴は、
 たとえ人から褒められても、それを素直に受け取れず、
 最低な評価をする人を探して、その評価が
 “現実”だと思ってしまうということです。

 他人との間の壁が適切な高さだったら、
 他人から何を言われても、「私は私」と思うことができ、
 否定的な評価を壁で防御することができます。

 でも、壁が低い人は、周囲からの自己否定的な感覚が
 いつも流れ込んでいる状態のため、
 「この状態が現実」となって、低い評価こそが
 「本当の自分の評価」と思い込んでしまうのです」

と言っています。
「私は私、人は人」という壁が低い人は、
悪い評価を自ら集めやすく、そして貯めやすく、
それを自分の評価と思い込み、自分を追い込んだり、
自信をなくしたり、していきがちだということです。

自分の評価は、いろいろな意味で気にはなりますが、
あまりに左右されると、身動きとれなくなります。
何をやっても必ず何かを批判的に言う人はいますし、
周囲の人は、事実関係より、その人の価値判断で
好きなことを言っていることも多いからです。
その誰かの言っていることばかりを受け入れていたら、
自分のやりたいことはどんどん出来なくもなります。

周囲の人の評価が気になるとき、振り回されているとき、
「私は私、人は人」という観点で、
今一度考えてみるとよいように思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから