width=10
ことば探し
★いつも適切に判断し、いつも適切に行動します★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03794561

■2019年08月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人と比べて自分のランクを考えることをやめるべきです。
その思いが浮かんだら「比べず」と自分に言い聞かせるのです。
同時に、今の自分でよしとして、自分が劣っているとか、
自分より上の人がいるなどと考えて自分を責めないことです。


私は「責めず」「比べず」「思い出さず」
という言葉をいつも自分に言い聞かせています。
この言葉は、分を認める上で非常に役立ちます。
だからといって、よりよくなろうとする
努力をやめるということではありません。

逆に、自分は人より劣っていると考え、
劣等感を持っていては向上しようという意欲もわきません。
むしろ、自分の分を知り、自分はこのままでよいのだと思うと、
自然体で努力できるのです。

自分の分、自分の立ち位置をありのままに認め、それを
卑下するでも自慢するでもない生き方をすることこそ、
心を苦しめない生き方です。


出典元 他人と比べずに生きるには
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 高田 明和

まゆの感想
私たちが心安らかに、気楽に生きるためには、
分(ぶん)、自分の今の状態、自分のランクを直視して、
それを、受け入れ、大切にすることが大切だそうです。

分を知るということは「足ると知る」ということで、
他人を羨ましく思い、そねむ気持ちを持つと、
心安らかには、生きられないそうです。

そうですよね〜
比較しはじめる際限なく比較し続け、
自分が劣っていると感じると落ち込み、自分を責め、
自分が勝っていると思うと高揚したり、人を見下したりして、
心安らかではおれず、心が落ち着きませんよね。

ついつい、
無駄な比較や無謀は比較をしがちですが「比べず」
あれができない、これもできない、と自分をむやみに、
責めることがありますが「責めず」
そうそう、嫌なことを何度も「思い出す」こともやめたいな、
と思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから