width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)との関係は、互いに自立していて快適です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03747749

■2019年05月15日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「習うより、慣れろ!」とはよく言ったものです。
感想力トレーニングの基本は、まさにこの格言どおり、
場数を踏むことに及ぶものはありません。


舞台や講演会に行ったら、自分なりの感想を考える。
奥さんや恋人の手料理には、必ず「うまい」以外の
ひと言を付け足す。
大切なのは、面倒くさがったり逃げたりせずに、
とにかく感想を口にすること。

野球でいえば、何はともあれ打席に立つことです。
ときにはピントはずれの感想を言ってしまって
恥をかくこともあるでしょうが、それはそれ。
最初から10打数打とうなんてムリな話ですから。

そもそも失敗を恐れるのは、打席に立つ回数が少ないからです。
「来週の会議では、うまいことを言ってやろう」と爐海外貳岫
しか狙おうとしないから、失敗がダメージになるのです。
一打数一安打の10割バッターより、三割バッターでいいから、
できるかぎり打席に立った人の方が成功のはずです。
積み上げた経験こそが、いざというときに役立つものなのです。



出典元 とっさのひと言で心に刺さるコメント術
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 おち まさと

まゆの感想
おちさんは、こんなことをしていたそうです。

「映画監督になりたったぼくは、中学生のとき、
 一年で100本、映画を観ると決心して、一日に3本、
 映画館を走ってはしごするようなこともしていました。
 お金がないので、映画の安い一日に勝負をかけたのです。

 そして、必ず生徒手帳に感想を書くようにした。
 あそこに伏線があったから、あのシーンはよかった、とか
 駄作だったら、どのようにつまらなかったか、とか。
 
 淀川長治さんのように、ひとつでもいいところを見つけだして、
 なるべくポジティブに、何より具体的に。
 だれに見せるわけではありませんが、とくかく場数を踏んだのです」

打席に立つこと、場数を踏むこと、実際にやってみること、
10割バッターを狙わないこと、これは、
自分の経験を積むためにも、必要だなと思います。

ただ、最近は、なんでもクレームをつける、悪口を言う、
批判する、すぐに怒る、人を分断する、いじめるなどして、
自己主張感想を言い始める人が多いように感じます。
「習うより、慣れろ!」で、逆の方向に場数を踏んでいる?
ような人もよく見かけます。

人をぎょっとさせたり、嫌な思いや辛い思いをさせるためでなく、
自分のためにこれから役立つことで、周囲の人にも気持ちよく
受け入れてもらえるような、場数を踏んで、
素直な感想が言えるようになったらいいなと思っています。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから