width=10
ことば探し
★私は、家族をあたたかく見守り、必要なときには、助けることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03458466

■2019年01月16日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

診察室に来るある患者さんは、写真に特化した
ソーシャルネットワークであるインスタグラムにはまっている。
写真だけで交流できるので、面白い写真を載せたりすると、
世界中の人から「いいね!」という評価が一斉に来たりする。

そうすると、
「今日は、南米や北欧の人から「いいね!」と言われました」
と嬉しそうに報告してくれる。
それが彼女の最大の生き甲斐になっているのだ。
当人がインスタグラムの活動によって、
引きこもり状態から抜け出せたのは歓迎すべきことなのだが、
思わぬ落とし穴が待っていた。

今度は、写真のネタ探しのために
行きたくないところへ行ったり
食べたくもないものを食べて写真を撮ったり、
そっちの活動に振り回されてクタクタになっているのである。

そんなしんどいならやめればすむ話だ。
傍から見れば本末転倒に思えるが、本人は自分への
「いいね!」の数が減っていくのが怖くてたまらず、
やめるにやめられない、のである。

自分に対する肯定的な感情をネットの世界で得ることは、
インスタントな手軽さがある。
だが、その反面、簡単にそれがひっくり返ってしまう不安と
ストレスが絶えず、裏側にくっついているのである。



出典元 堕ちられない「私」 精神科医のノートから
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 香山 リカ

まゆの感想
少し前まで「インスタ映え」が流行語になったインスタグラム。
今では「インスタ蠅」などと言われたりしてますね。
流行するのも早いけれど、廃れるのも早いなあと思います。

みなさんは、インスタグラムやられていますか?
仮にやっているとして、
そのインスタグラムを楽しんでやってますか?
実は、「いいね!」がほしいあまりに、
今日の話のような状況に陥っている方々多いのだそうです。
YouTuberなども、同様だそうです。

「いいね!」がほしいあまりの無理、はめはずし、法律違反。
そんな「いいね!」は、続きませんよね。
そんなインスタグラムは、何か変だと気がつくし、ね。
無理せず、苦行にならず、ストレスをためない、
そして自制心をもって、楽しんでやっていきたいですね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから