width=10
ことば探し
★私は、時間を有効に使い、有意義な毎日を過ごしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03227345

■2018年08月22日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

なぜ、人は「もっともっと病」にかかるのでしょうか?
それには2つの理由があります。


1つは、心理学用語で「幸福順応」と言います。
これは、何かを手に入れて、一時的に幸せを感じても、
すぐにそれが当たり前になってしまい、
以前感じていた幸せを感じられなくなることを指します。
ですから、多くの人は幸せを感じるために、
もっともっとと手に入れようとするのです。

2つ目は、社会学の用語で「相対的剥奪」と言います。
これは、簡単に言うと、
「他者との比較によって、
 どれだけ自分が幸せを感じるかが来まる」
ということを指します。
ですから、幸せになるために、他の人よりも、
もっともっと手に入れようとしてしまうのです。

「もっともっと病」は、
満たされていない自分を満たそうとして、
自分の外にあるものを求める行為です。



出典元 「つまらない」がなくなる本
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 鶴田豊和

まゆの感想
もっとお金がほしい、もっと出世したい、
もっとすばらしい人間関係がほしい、もっと時間がほしい、
もっと素敵な家に住みたい、もっと素敵なパートナーがほしい、
などなど、多くの人が「もっともっと病」にかかっていると、
行動心理コンサルタントの鶴田さんは言っています。

この病気にかかってしまうと、
望むものを手に入れても、一時的に満足するだけで、
すぐにもっともっとと際限なく、
さらなるものがほしくなるそうです。

もっともっとと望む気持ちは、自分を成長させたり、
成功するためのモチベーションにもなりますが、
それが大きくなり過ぎると、歯止めがきかなくなり、
「もっともっと病」になってしまうのですね〜

そうなると、自分にとって「本当に大切なもの」が、
見えなくなったり、なくしてしまったりする、そうです。
「もっともっと病」になり、大切なものをなくしてしまうのは、
本末転倒だと思うのですが、「大切なもの」より、
もっともっとに向かうパワーが強い人も多いようです。

気がついたら、大切なものがなくなり、寂しく空しい…
なんてことにならないように気をつけないといけませんね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから