width=10
ことば探し
★私は私が大好きです!★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03146172

■2018年06月28日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

自分の心身の調子が悪いとき、
人生が悪い方向に向かっているとき…そんなとき、
「早めに弱音を吐く」ことができるのは、
精神的な立ち直りの大きなきっかけのひとつになります。


その意味では、
「周囲の人に弱音を吐けること、助けを求めることができること」
は、タフに生きるための1つの「能力」であるとも言えるでしょう。

しかし、男性の多くはそれができません。
弱音を吐くと、男としてのプライドが揺らぎ、自分の
存在価値が低下してしまうように思ってしまうからです。

もしプライドを捨ててしまえば、
自分の存在価値はどこにあるのかを見失うことになりかねません。
これは、男性に限った話ではありませんが、
存在価値がわからなくなれば自分を肯定することが
出来なくなってしまうのです。


出典元 生きるのがつらい。「一億総うつ時代」の心理学
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 諸富 祥彦

まゆの感想
弱音を吐くのも、これからの時代を
タフに生きるための1つの「能力」だと、
諸富さんは言います。

特に男性は、身体の調子が悪くなっても、
精神状態が不安定になっても、そう認めることに抵抗感を持ち、
無理をし続け、弱音を吐くことができにくいようです。
しかし、そのようなときには、
「出世だけが男の生き甲斐」「仕事のできないヤツは男じゃない」
などといったプライドを脇において、弱音を吐くことが
大事だそうです。

また、女性の場合は、友人同士のおしゃべりの中で、
弱音を吐くことができやすいのですが、最近は、
女性もなかなか弱音を吐けない人が増えているそうです。
そのようなときは、女性も、
「家事も仕事も、女性として(母として)何ごとも完璧に
 しなければ価値がない、完璧でありたい」
というような思い込みを捨てて、弱音を吐くことが
大事だそうです。

実は私も、周囲に弱みを見せたくないタイプです。
なんかどうも強がっちゃうというか、弱みを見せると、
自分が保てなくなる、ような気がするからです。
でも、疲れたときには「疲れた〜」
辛いときには、「辛い、もうイヤだ」
助けてほしいときには、「助けてほしい」
と、言えるようになりたいと思っています。
その方が、周囲から助けてもらえると思うからです。
一人でがんばっても、ダメなんですよね〜(苦笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから