width=10
ことば探し
★いつも、神、天使、妖精たちにしっかりと守られています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02860225

■2017年11月21日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

自分の人生に誰より責任があるのは、自分自身だ。
何をするかにしても、みずから選んだことなのだから。
もちろん、人に感化されて、考えや行動が大きく変わることはある。
両親をはじめとして多くの人たちから、大なり小なりの
影響は受けるだろう。

だが、わたしが何百人もの人たちと話しをしてあらためて
感じたのは、「成功する人」というのは、つまずいたり
転んだりしても決して人のせいにしないということだ。

人のせいにするということは、自分の力では問題を
解決できないということ、なすすべがないということだ。
自分の人生を自分でどうにもできないと認めるなんて、
敗北を宣言するに等しいではないか。

自分のパターンをきちんと調べ、
他に責任を転嫁せずに、失敗の原因を探って修正をはかる。
正しい認識力をつけるには、そうするのがいちばんだ。



出典元 パターンを変えれば、きっとうまくいく!
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 チャールズ・S・プラトキン

まゆの感想
自分には、知らずに身についた、
あるいは意識して身につけてきたパターンがあり、
それは、いいものもあれば、
自分に害を及ぼすものもあるということです。

ありますよね、自分のパターン。
こう言われたら、こうされたら、こう返す。
自分が悪いと思っても、認めず、謝らず、言い訳する。
ついつい、○○してしまう…などなどいろいろ、いろいろ。
もしかしたら、自分より、
周囲の人の方が、よ〜くわっている…かも(汗)

自分にいいパターンはさておき、自分でも多少の自覚があり、
「あ、また、やっちゃった、しまった!」
などと思っていることもあります。
そう自覚しても、なかなかそれを直せないのが現実です。

それは、
「あ、また、やっちゃった、しまった!」と思っても、
「自分が、なぜそうなってしまうのか?」という
自分の中の原因を冷静に見つめることができないこと、
(しないこと)その自分をどうしていったらよりいいのか、
という解決策を、自分自身でで放棄してしまっているから、
でもあるそうです。
「どうせ、できない」とか「周りが変わる方が先」
なんて決めつけてしまって。

その結果、何度も何歳になっても、
「あ、また、やっちゃった、しまった!」
を繰り返していくことになります。
それを繰り返してもいい、問題ないという方は、
そのままでもいいですが、いつも自己嫌悪に陥るなら、
自分のパターンを見つめ直し、よいパターンを身につけていく方が、
自己肯定感が得られ、気持ちも身体も楽に生きていけるように思います。
なかなか困難な作業だと、身にしみて感じておりますが…(苦笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから