width=10
ことば探し
★私は、成功に向かって、すぐに行動を起こす人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02693459

■2017年08月04日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「先生、どうも長い間お世話になりました。
 私は、もう死んでいくような気がします。
 母には会えないと思います」
彼女はしばらく目をつむっていましたが、やがて再び目を開け
「先生、母には心配をかけ続けで、申し訳なく思っています。
 先生からよろく伝えてください」
と言って、私に向かって合掌しました。
脈がふれなくなりました。
臨終のときが迫ったのです。

私は彼女の耳元に口を寄せて大きな声で言いました。
「しっかりしなさい。死ぬなんてことはない。
 もうすぐお母さんがみえるから」
彼女は茶褐色の胆汁を吐き2,3回大きく息をして絶命しました。

私は、死亡診断書を書きながら、「医者の使命とは何か」
と繰り返し自問していました。
患者が死を感じて言葉を残そうとするときには、なぜ
「安心して成仏しなさい」と言えなかったのか。
「お母さんにはあなたの気持ちをちゃんと伝えてあげますよ」
となぜ言えなかったのか。
あたふたと最後の効力のない治療を施そうとするより、
なぜもっと彼女の手を握っていてあげなかったのか…

そのときの疑問が、半世紀を経て独立型のホスピスや
聖路加病院に緩和ケア病棟を作ることに結びついたのです。



出典元 長生きすりゃいいってもんじゃない
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 日野原 重明 (著), 多湖 輝 (著)

まゆの感想
先日105歳で、お亡くなりになった日野原先生の、
使命感に目覚めた原点の話です。

上記の話の女性患者は、16歳の貧しい少女で、
結核性腹膜炎で入院していたそうです。
滋賀の紡績工場の女工で働いていて、母親と二人きりの生活、
その母親も働いていて、いつも彼女に付き添ってあげることが
できないという事情があったそうです。
また、今ならストレプトマイシンで簡単に治りますが、
当時は、そのいう薬もなく、彼女は日々衰弱していき、
個室の重症室に移され、そのときのことだそうです。

日野原先生の命に対する思いは、
出会った多くの患者たちとの触れあい、出来事、後悔、
そして反省などから、わいてきたものだということです。
またその後、ご本人のハイジャック事件などもあり、
ますます使命感を強固にしていったようです。

生きていると、辛い、苦しい、悲しい、
後悔することなどいろいろな出来事がありますよね。
その出来事をどうとらえるか、
どう自分の中で昇華するか、力にしていくか…
世の中の役に立つ方に向けていきたいなと思いました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから