width=10
ことば探し
★私は、幸福感で満たされています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02656956

■2017年07月18日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人の行動を変容させようという時は、実は、
「間違った行動を指摘する」よりも、
「正しい行動を教える、褒める」のが
一番大切なのです。


多くの人は相手のダメな行動を注意したり叱ったりして
やめさせようとするものですが、それでは必ず反発されます。
これは、相手が、子どもでも大人でも同じです。(略)

相手の正しい行動が増えたことを評価すると、
より正しい行動が増えてきます。


出典元 「やりすぎ」をやめれば全部うまくいく
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 西脇 俊二

まゆの感想
誰かの間違った行動を変容させる場合は、
長期戦で臨むべきで、短期で、
叱ってやめさせようとしても、指摘しても、
それはかなり難しいそうです。

たとえば、子どもがゲームのやりすぎで困っているとしたら、
叱って止めようとしても、本人が納得していないので、
またすぐにやってしまうので、叱るより、
「正しいことをやらせて、そのたびに褒める」
ことをするといいそうです。

ゲームが終わってマシンをきちんと片づけていたら、
「ちゃんと片づけて偉いね」
テレビを消して宿題をはじめたら、
「宿題やって偉いね」というようにすると、
人は褒められればうれしいので、
そのうちに片づけや宿題が億劫でなくなり、さらに、
ゲーム以外の何かをやっている時に声をかけたり、褒めるようすると、
だんだんゲームが減ってくるはず、ということでした。

もちろん、長期戦で。
このやり方は、大人にも当てはまるそうです。
叱ったり、怒ったり、顔をしかめたり、ため息をついたりして、
相手の間違った行動(あるいは、間違っているとこちらが思う行動)
を直そう、止めさせようとしてしまいがちですが、
どうやらそれでは、無理なようです。

「正しい行動を教える、褒める」ということを
少しでも意識していきたいと思います。
うーん、もっとも、正しい行動を教えることは、
正しいの基準がないと言えないし、
こちらも正しい行動が要求されるから、正直なかなか難しい…
まずは、褒めることからかな〜(苦笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから