width=10
ことば探し
★私は、悪いと思ったら、素直にあやまることができる人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03188387

■2015年09月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
「10−10−10」とは?
10分後はどうなるか?
10ヶ月後はどうなるか?
10年後はどうなるか?


ここで明確にしておきたいのは、
「「10−10−10」のそれぞれの「10」は、
厳密なものではないこと。

最初の「10」は「現在」、
つまり、1分後、1時間後、1週間後をさす。

2つ目の「10」は、
「予想できる将来のある時点」をさす。
つまり、自分がした決断に対する反応は過ぎたが、
その影響が予想できる時期のこと。

そして3つ目の「10」は、
「未来のある時期」、つまり、
細部が漠然としているずっと先の時期のこと。

だから「10−10−10」を、
10日後、15ヶ月後、20年後としても、
2時間後、6ヶ月後、8年後としてもまったく問題はない。

出典元 10-10-10 人生に迷ったら、3つのスパンで決めなさい!
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 スージー・ウェルチ

まゆの感想
決断するとき、ついつい今だけ、目の前のことだけみて
あわてて、あるいは焦ってしがちですが、それは危険だから、
せめて、この決断すると10ヶ月後はどうなっているだろう?、
さらに10年後は?、と「短期的、中期的、長期的」に、
考えてみるといい、ということですね。

具体的には、例えば「離婚しようかどうか、迷っているとき」
「離婚すると決めたらどうなるだろう?」と自問し、考えます。
10分後(短期的)は?
10ヶ月後(中期的)?
10年後(長期的)?
は、どうなっているだろう?と。

また、同様に、その逆もしてみます。
「もし、離婚しなかったらどうだろう?」
10分後(短期的)は?
10ヶ月後(中期的)?
10年後(長期的)?と。

どの方向の方が自分にとってよりよいか、満足できるかなど、
長期的なことも考えてみることで、先が見通せ、
目の前の一時的な試練を乗り越えることもできますし、
じっくりと考えるチャンスにもなり、冷静に決断できます。

ただ、長期的な結果を考えることは大切ですが、
それが短期や中期の結果より常に重要であるとは限らないので、
バランスを取ることも大切なようです。

この「10−10−10」のやり方は、大きな決断だけでなく、
日々の生活の中での迷い、悩み、選択にも使えますから、
使ってみてくださいね。
やってみると、かなり役立つ方法だとわかると思いますよ〜

明日は、「10−10−10」を使うときに、
最重要なことを書きますね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから