width=10
ことば探し
★これからやってくる素晴らしいことすべてに対して感謝を捧げます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03188387

■2015年03月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
脳外科医の手術では、安全な状態でオペができることは
めずらしいといわなくてなりません。
予想外の危機に直面し、自分の腕一つが
患者さんの生死を分けるということの方が多い。

例えば、頭蓋骨を開頭して脳の表面を覆っている硬膜を開けたとたん
脳の奥の脳動脈瘤が破裂する。
出血源は見えず血の海になり、脳はどんどん腫れてくる。
絶体絶命の状態です。

しかし、ここで医師がひるんだり迷ったりすれば、
それだけ患者さんは死に近づいてしまう。
こういうときはどうしたらいいか、
とにかく恐怖心を克服し、迷いも振り払って、
すみやかな決断を下し、最善の処置を実行しなくてはなりません。
そのときもっとも大切なのが集中力なのです。
もっている能力のすべてを結集して、目の前の命を救うことに
100%集中することです。
(略)

ときどき患者さんの命を預かる手術は緊張しないのか
と聞かれますが、それを忘れるほど集中していると、
緊張などという“雑念”が脳裏に浮かぶことはありません。
私にいわせれば、緊張するのは集中力が足りない証拠で、
とくにかく患者さんを救うという一点に目的を定め、
自分をの錐(きり)の先端としてねじ込んでいくことです。
すると、おのずといいアイデアがわき、
指先も脳の指令どおりになめらかに動いて、導かれるように
適切な処置、最善の手術を行うことが可能になるのです。

出典元 望みをかなえる脳
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 林 成之

まゆの感想
「脳低温療法」を開発し、世界的に認められている脳外科医の
林先生は、脳の驚くべき機能について、いくつのも仮説を立て、
それを研究し実証もされているのですが、集中力について、
こう言っておられます。
(※ほんの一部の紹介なので、興味のある方は、
  ぜひ、この本を読んでみてくださいね)

「目標を達成する集中力を発揮するには、一つには、
 そのときその場のことに全力を投入することです。
 一瞬一瞬を大切にし、
 その一瞬がすべてだと思ってベストを尽くすこと。
 
 野球ならファーストストライクから狙っていく。
 文書を作成するなら一行目から熱を込めて書く。
 つまり最初から「一気に駆け上がる」のです。
 あとから少しずつペースをあげていこうなどと考えていては
 脳は弛緩したままで最高の能力を発揮することはできません。

 また、目的を一つに絞ることも重要です。
 手術なら患者さんの命を救うことが最優先事項になるように、
 目的を一つに絞り込むのです。
 プレゼンテーションなら、相手の中野いちばん偉い人を
 説得することにターゲットを絞る。
 
 Aが最大の目的だが、それが達成できなかったときの保険に
 Bの可能性も残しておこう。こういう二股をかけるやり方、
 複数の可能性を担保にしておくやり方は、目的が拡散した分、
 集中力も散漫になって、結局、どの成果も
 中途半端に終わることが多いものです」

なるほど…そうなのか…すごいなぁ…
集中力の出し方が間違っていたかも…
保険をかけては中途半端になる、それは私だ!
などと思ったしだいです。(苦笑)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから