width=10
ことば探し
★私は、豊かさを得るにふさわしい人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02737208

■2010年03月02日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
あるプランナーがいました。
彼は大手家電メーカーの依頼を受けて、カルテシステムの
企画をまとめることになりました。膨大な資料に目を通し、
様々な角度から検討を重ね、企画書をまとめ挙げました。
なかなかの出来だと思ったそうです。

しかし、それを読んだ担当者は、あっさり却下して
「課長はこのようには考えていません。○○の角度から
 書き直してください」彼はがっかりしました。
そういうものかなと思いながらも書き直しました。担当者の
「これでいいでしょう」という言葉に喜んだのも束の間、
課長に提出すると
「部長はこう考えていない。□□の視点から
 書き直してください」「また、ダメだったか」と
心の中でつぶやきながら、再度書き直しました。そして、
課長から「いい出来だ」とのお褒めの言葉をいただき、
有頂天になったそうです。

そして部長。
「分ってないなあ。こういうことではないんだよ。
 △△が大事なんだ」彼は大変落ち込みました。
「自分はダメなんじゃないか」。しかし、ここで、
止めるわけにはいきません。書き直しに取りかかりました。
ところが部長の指示通りに書いていると、どうも読んだことが
あるような気がする。そこで、何とはなしに一番最初に書いた
企画書を取り出してみると、なんとほぼその通りだった…
結局、最初の企画書に少し手を加えたものが採用されたそうです。

天と地をいったり来たり、ジェットコースターのようです。
このように、良い悪いの判断は、その時だけでは分らないのです。


(下に続きます)                   

出典元 イチロー選手の言葉に学ぶ セルフ・コーチング
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 庵里 直見 (著), 鈴木 信市 (監修)

まゆの感想
(上からの続きです)

しかし、話はこれで終りではありません。

彼は、3種類の企画書を仕上げる過程で、様々な知恵、
視点を学びました。そのお陰で、カルテシステムについては、
第一人者として活躍するようになったのです。

人間は、このように出来事が起きた直後に評価をし、
その結果で一喜一憂するもの。
そして、「良かった」「悪かった」と終ったことのように
評価しますが、しかし、物事は流れ、動いていくのです。
次の局面では評価がガラリと変わってしまうこともある、
それを知っておくことが大切なのです。


               (ここまで引用)  


実は、私も、昨年ダメになった企画があり
「なんでこれのよさが分らないんだ」と、がっくりと
きていたのですが、今年になってから、その企画が復活し、
再度練り直したら、昨年度の条件より、はるかにいい条件で
採用になったものがありました。
しみじみ、昨年採用されなくてよかった…なんて思いました。

目先のことに一喜一憂して、すぐに「良い悪い」
「ついてる、ついてない」を判断しがちだけれど、
長い目で見ると、本当に何か良いのか悪いのか分らないな、
と、感じました。
目先だけのことにとらわれず、長い目で見ていこうと思います。   

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
70%

そうでもない: 2pt
20%

どちらでもない: 1pt
10%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから