width=10
ことば探し
★私は、人の名前や顔を覚えるのが得意です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03842046

■2010年01月20日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
相手を思う気持ちがあれば、あなたの言葉は美しい。

藤原審爾(しんじ)氏のエッセイ集「一人はうまからず」に
収められていた話を紹介させてください。

ある日、桜上水のほとりに一人の若い女性がたたずんで、
ぼんやりと流れを見下ろしていました。
自動車修理工場で働く若者二人がその姿を見て、
身投げでもするんじゃないかと心配して声をかけた。
二人の勘は当っていて、女性は親に結婚を反対されて
家出してきたところでした。
若者は自分たちの働く工場の経営者にかけあい、
女性も同じ工場で働けるようにします。

そうして一年の月日が流れるうちに、女性の両親も
結婚を許してくれ、その披露宴に二人の若者は招待されます。
決して裕福ではない若者たちは、華やかな会場の中で
二人だけ礼服ではなく背広姿でした。

隅に座っていた彼らは、花嫁のたっての希望で
突然あいさつに指名されます。
二人はあわててゆずりあいますが、一人が立ち上がって、
全身でぶつかっていく感じの声で叫ぶように言うのです。

「加世ちゃん、よかったなぁ」
さらに汗びっしょりで、もう一声、叫びました。
「遊びに来てくれよな、忘れずにな」
ものすごい拍手がわきあがりました。
新婦は泣き出し、新郎がハンカチを渡します。
ほかのどんな立派なあいさつよりも、
このたった二つの言葉が会場の人たちを感動させ、
幸せな気持ちにした、そういう話です。


出典元 しあわせの雑学
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 近藤 勝重

まゆの感想
この本では、さらにこう言っています。
「名文、美辞麗句ばかりが「美しい言葉」だとは思いません。
 言葉は相手と自分の間にあるものです。
 心がこもっていれば、その言葉は美しい。
 相手の心に響くものです」


この本で、とても心に残ったお話だったので、
今日は、この話にしました。
残念ながら、藤原さんのエッセイ集
「一人はうまからず」は読んでいないので、
今度読んでみようと思います。

美辞麗句でなく、言葉の多さでなく、
相手のことを想った言葉、心がこもった言葉、
そんな言葉を使っているだろうか、と、
自分の使っている言葉を思い返してみると、
ただ自分の感情にまかせたその場しのぎの言葉を
使っていることが多いように思えます。
いつも、いつもはそうはできないまでも、
相手のことを想った言葉、心がこもった言葉
そんな言葉をできるだけ使っていきたい、そう思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 14pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから