width=10
ことば探し
★私は、柔軟で変化を受け入れる人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03366739

■2008年12月06日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
私は物事の真相が観えていて、自分が何をしているのか
ハッキリとわかっている状態のことを「光の中にいる」、
迷いや不安に押しつぶされていたり、物事の真相や自分が
何をやっているのか見えてないような状態を、
「闇の中にいる」と表現しています。
(略)

「光と闇」で表現すると、魂的な幸せを求めて生活することは、
「光の世界」で生活するということです。
普段の生活の中では、なるべく光の中にいるように
心がけても、いつの間にか闇の中に入ってしまっていた!と
いうことがあります。
この世の中には闇の中にそれとは気づかずに、
またはそれがよいと思って暮らしている人がたくさんいて、
そのいう方々と常に共存しているのです。
例えば、自分の家族でさえ、闇の中から
頑固に出てこなかったりするものです。

光の中ではすべてがありのままに観えますから、
どこに何があって、何が起こっていて、この先どうなるのか、
自分がどんな立場に置かれているか、すべて把握できます。
しかし闇の中ではそういった全体像はみえません。(略)

魂の観点で物事の真相をとらえていく生活とは、
そんな闇の世界に住んでいた人が、
光の世界に移り住むようなものです。
暗闇にパッと明かりがついて、今まで観えなかったものが
ありのままに観えてくる…それまで気にならなかったことも
すべてあわらになって、最初は戸惑うかもしれません。

出典元 幸福純度100%の自分を生きる本
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 原田 真裕美

まゆの感想
この本では、さらにこんなことをいっています。

「光の世界にいると
「生きる心構え」=「気持ち」
 が楽になるのです」

どういうことかというと、
まわりのことなんか何も知らなくていい、観えなくいい、
気がつかなくていい、まわりのことなんか気にしたくない、
という人もいますが、それは、何も観えてなく、楽だから。
しかし、生きていればいろいろなことが起きる。
何かあったときには、どうしていいかわからなくなる…
何も観えていないから、何も気づいていないから。

また、光の世界にいるから、楽というわけではない。
今の状態がちゃんと観えても、観えていればいるだけ、
行動しなくてはいけないし、その労力はかかるから。
しかし、先が見えない恐怖や不安、理由のわからない
焦りや嫉妬、怒りなどのネガティブな気持ちを
コントロールすることはできるし、何かあったとき、
しっかりと対処できる…観えているから。


「光の中(世界)」と「闇の中(世界)」…
私などは、その中間あたりをうろうろしているように思うが、
それでも「闇の中」に閉じこもってばかりの人はいるなぁ、
「光の中」を全然知らない人もいるなぁ…と思う。

このそれぞれの世界をどうやって気づけばいいのか、
どうしたら、せめて中間あたりにこれるのか…
この方法はよくわからないが、そんな人たちには、
闇の中ばかりではないと、気づいてほしいなぁと思う。
光の中(世界)もあるのだと…

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
80%

そうでもない: 1pt
20%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから